TAKARATOMY GROUP CSR
ここから本文

重要主題1ものづくりへのこだわり

消費者課題・人権バリアフリーへの取組

35年を越える活動の歴史

活動の歴史

1980年
メロディボール。直径15cmぐらいの、パイル地のやわらかいボールで、中にメカが入っており、転がすと30秒間メロディーが流れ続ける。
『ハンディキャップトイ研究室』設立

トミー(現タカラトミー)が1980年に障害のある子どもたち向けのおもちゃを専門に開発する「ハンディキャップトイ研究室」を設立。
おもちゃ第一号として視覚障害者向けのおもちゃ、メロディボール※1が発売。

1986年
カセットテープによる「耳で聞くおもちゃのカタログ」。点字シールでタイトルが貼られている。
『耳で聞くおもちゃのカタログ』発刊※2

視覚障害のある子どもたちにもおもちゃの情報を伝えようと、「カセットテープ」によるおもちゃカタログを発刊。シナリオ、音楽、効果音などすべてを社員が作り、声の出演も社員が行った。

1990年
テトリス。横40cm縦60cm高さ2cmの2人で対戦するボードゲーム。ルーレットが指示した形のブロッグで、自分のエリアを埋めていきます。横一列が完成するたびに、センターカーソルを相手側に進めていき、早く相手を封じ込めた方が勝ちです。ブロックルーレットは触ってもわかるようになっており、ボードは凸凹していて駒がずれにくい工夫がされています。
共遊玩具の誕生

専用のおもちゃを作るためには経費がかかりすぎて、販売数も少なく、商品の価格も高くなってしまう。障害のある子どもたちも楽しめるように、一般市場向けのおもちゃにちょっとした配慮をプラスしてみたら…?
そこで発売されたのが、視覚障害者も一緒に遊べる盤ゲームのテトリス※1である。これがきっかけで共遊玩具が誕生。

盲導犬マーク。 ON側に凸点が入ったスイッチのアップ写真。
業界全体へのひろがり

共遊玩具の識別マークとして、商品パッケージに「盲導犬マーク」を表示。
また、この活動を業界全体で行うべく、日本玩具協会で『小さな凸実行委員会(現共遊玩具推進部会)』を発足。

1992年
世界地図。
国際共通マークへ認定

オーストラリアで開催された国際玩具産業協議会において、「盲導犬マーク」が「国際共通マーク」として認証された。

うさぎマーク。
うさぎマークが誕生

「盲導犬マーク」に続いて、聴覚障害のある子どもたちも一緒に楽しめるおもちゃに表示するための「うさぎマーク」が始動。

2010年
共用品推進課を発足

共遊玩具の普及を図り、より多くの方々におもちゃで楽しんで頂けるように、バリアフリーの専門部隊を結成。

2014年
2年連続100シリーズの「共遊玩具」登録!

2013年から共遊玩具登録数が100シリーズを超える。
共遊玩具発足メーカーとして、業界全体を牽引するリーディングカンパニーの意識を持ち続け、常に幅広く、新しいカテゴリーからも商品の登録申請に取り組み中。

※1 現在販売されておりません

※2 現在このサービスは行っておりません

外部評価

平成21年12月に内閣府より「バリアフリー・ユニバーサルデザイン推進功労者表彰の内閣府特命担当大臣表彰優良賞」を受賞しました。
内閣総理大臣賞受賞時の写真。 内閣総理大臣賞の賞状。内容「表彰状 優良賞 株式会社タカラトミー殿 あなたはすべての人が安全で快適な生活を送ることができるバリアフリー・ユニバーサルデザインの推進に尽力されその功績は特に顕著であります よってここに表彰します 平成二十一年十二月九日 国務大臣内閣府特例担当大臣福島みずほ」。
2010年度 共遊玩具部門 大賞「コロコロあそぼ!トミカおしゃべりあいうえお」※1
盲導犬マーク。 コロコロあそぼ!トミカおしゃべりあいうえお商品写真。

タカラトミー初の大賞受賞。付属の車が喋る、新しいタイプのあいうえお学習ボード。ボードに貼れる点字シールを無料提供しています。

2011年度 共遊玩具部門 大賞「ゆびコン」※1
盲導犬マーク。 ゆびコンパトロールカーと消防車の商品写真。

車から出る音声で「動き」と「居場所」を教えてくれます。「どこにいるか」、「どこに行くか」を音で楽しむことができます。

2012年度 共遊玩具部門 優秀賞「ドラゴンハンティング リアル」
うさぎマーク。 ドラゴンハンティングリアル商品写真。

対戦中は振動や横文字スクロールでゲームを進行。左右利き対応や音の有・無 ボリューム調整も可能です。

2013年度 共遊玩具部門 大賞「アニア シリーズ」
盲導犬マーク。 アニア商品写真。

動物の形や質感をリアルに再現。可動箇所も楽しい。図鑑カードに貼れる点字足跡シールを無料提供しています。

2014年度 共遊玩具部門 大賞「Hello!Zoomer」
うさぎマーク。 Hello!Zoomer商品画像。

音声認識で命令に応じて様々なリアクションが楽しい。スマフォの“こえとら”音声アプリで皆が楽しめる仕掛けもしました。

2015年度 共遊玩具部門 大賞「JOUJOU みつけてみよう!いろキャッチペン」
盲導犬マーク。 JOUJOU商品画像。

いろキャッチセンサーを使って身の回りの色をキャッチして遊びます。
目に障害がある子が遊びながら色の感覚を養う手助けをすることができたり、耳に障害がある子が遊びやすいよう、無料のアプリではおもちゃから流れる言葉を字幕表示します。

2016年度 共遊玩具部門 優秀賞「なんでしってるの!?しゃべくりハッピー/ラッキー」
盲導犬マーク。ハッピーとラッキーの写真

コミュニケーションぬいぐるみです。
うなずきながらぬいぐるみが話してくれるので、しゃべってることが触ったり、目でみてわかりやすく、なんでも対話システムを搭載しているので、ストレスフリーで会話を楽しめます。

2016年度 共遊玩具部門 大賞「ムニュムニュ ドレミファキャット」
盲導犬マーク。ドレミファキャット全種の写真。

デフォルメされたネコデザインのユニット(8種)の背中を押して音遊びが楽しめます。
キャラクター(音階)の違いが判別出来るように点字シールを無償で提供しています。

消費者課題・人権バリアフリーへの取組

ページトップへ
ページの終わり