TAKARATOMY GROUP CSR
ここから本文

重要主題1ものづくりへのこだわり

消費者課題安心・安全・品質の確保

タカラトミーグループでは、世界中のお客様に魅力のある良質なおもちゃを提供するため、安全品質の向上に取組んでいます。

品質確保のための方針・体制

タカラトミーグループでは、「安全で安心できる商品作りを環境に配慮して行い、世界のお客様に魅力のある良質なおもちゃを提供」することを品質の基本方針として掲げ、商品安全品質管理規程に則った商品づくりをしています。
タカラトミーグループの商品安全や品質管理は、代表取締役直轄の安全品質統括部が担い、機能として品質統括、安全統括があります。品質統括では「タカラトミー品質規定」に基づく品質基準書の作成や、各工程での商品の品質確認を行い、安全・品質基準に適合した商品づくりを徹底しています。安全統括部門では、商品化の際に懸念される安全情報の検討や商品事故の防止に努め、万一事故が発生した場合には「リコール規定」に基づき緊急対応を行います。
安全・品質連絡会は、タカラトミーと国内グループ各社を主要メンバーとする会議で、安全品質統括部が定期的に開催しています。ここでは商品の情報を共有しながら改善策を立案、実行しています。

品質確保のための取組

タカラトミーグループは安全品質を守るため法規制の遵守を徹底し、加えて法定以上の安全品質基準を独自に定めることで、事故の未然防止に努めています。また、商品のグローバル展開において、それぞれの地域での法令や規制を遵守し、各国における安全品質の確保に取組んでいます。
重金属・フタル酸エステル類の混入を防ぐため、外部検査機関での検査に加え、社内でも検査を実施しています。万一、商品に混入した場合でも、当該商品の市場への流出を防止できる体制を整え、商品の継続的な安全品質の確保、管理の徹底に取組んでいます。

各種検査装置を使用して社内検査をする様子
各種の検査装置を使用した社内検査
高度検査の様子
商品の強度検査(トミカでは500を超える項目を確認)

安全の日

国内外全社的な教育と啓発を目的に、全社員が一堂に会し、商品の安全品質と管理の重要性について考える場を設けています。年1回は必ず開催することを商品安全品質管理規程に定めており、全社的な認識と理解促進、商品への反映に努めています。

ページトップへ
ページの終わり