TAKARATOMY GROUP CSR
ここから本文

重要主題2健全な経営の実行

組織統治組織統治

コーポレートガバナンス体制

タカラトミーは、株主やお客様などのステークホルダーの信頼に応え、持続的な企業価値向上と透明性の高い健全な経営を実現することを経営の最重要課題の一つとして位置づけ、コーポレート・ガバナンスの充実と内部統制システムの継続的改善に努めます。

経営体制

取締役会

タカラトミーの取締役会は6名(うち社外取締役2名)で構成され、グループ全体の基本方針・戦略の策定、重要業務の執行に関する決定、業務執行の監督機関として位置付け、毎月1回の定例取締役会及び適宜臨時取締役会を開催しています。

取締役指名委員会/報酬委員会

取締役会の諮問機関として社外取締役・社外監査役などで構成されており、各取締役の評価・選任および報酬額等の内容に係る方針について提言・助言を求めています。

アドバイザリー・コミッティー

代表取締役の諮問機関として、社外取締役・監査役などで構成されており、タカラトミーグループの業務執行の有効性、財務の信頼性等に関する幅広い助言を求めています。

執行役員制

タカラトミーでは執行役員制度導入による権限委譲等により、取締役会の方針・戦略・監督のもと、各グループおよび各担当部門における業務執行の迅速化・効率化を図っています。

執行役員評価委員会

代表取締役の諮問機関として、常勤監査役などで構成されており、当社執行役員の評価等に関する幅広い助言を求めています。

統括本部会議

グループの業務運営管理を円滑かつ効率的に行うため、各統括本部に「統括本部会議」を設置して、原則月1回以上開催し、経営の全般的執行に関する意思決定を機動的に行っています。(主たるメンバーは各統括本部長、事業部長ならびに室長)
各「統括本部会議」の決定事項は、「取締役会」に必要に応じて報告されています。

監査役制度

監査役は原則として月1回「監査役会」を開催し、取締役の業務執行の監督および監査に必要な重要な事項の協議・決定を行っています。監査役は、監査に必要となる豊富な経験と高度な専門性を有し、4名のうち3名は社外監査役です。事業遂行や財務、内部監査、リスク管理、コンプライアンスに関する状況を確認するほか、会計監査人や内部統制担当部門等と監査上の重要課題等について意見・情報交換し、互いに連携してグループ内部統制状況を監視しています。また、定例重要会議への出席または不定期の会議等において、経営の状態、事業遂行の状況、財務の状況、内部監査の実施状況、リスク管理およびコンプライアンスの状況等の報告を受けています。

内部統制システム

タカラトミーは、株主およびお客様などのステークホルダーの信頼に応え、持続的な企業価値向上と透明性の高い健全な経営を実現することを経営の最重要課題の一つとして位置づけ、経営効率化を図りつつ経営チェック機能の充実、リスク管理/コンプライアンス体制の強化等、コーポレート・ガバナンスの充実と内部統制システムの継続的改善に努めています。
コンプライアンス体制およびリスク管理体制の充実、徹底を図るため、代表取締役を委員長とし、社外取締役・監査役などで構成される「リスク/コンプライアンス委員会」 を設置して、リスク/コンプライアンス上の重要な問題を審議し、その結果を取締役会に報告する体制を採っています。リスク/コンプライアンス委員会は、グループ全役職員に企業倫理と法令の遵守を徹底させるとともに不測の事態発生に備え、事業継続計画の視点でリスク管理体制を強化しています。
また、代表取締役の直轄組織である内部統制担当部門および内部監査担当部門が、当社およびグループのコンプライアンスの状況を監査し、随時、代表取締役および監査役会に報告しています。
リスク/コンプライアンス委員会及び内部統制・監査部が中心となって、グループ全体のコンプライアンス意識の醸成、全社的視点からのリスクマネジメント体制の確立を図っています。

経営管理組織体制図

組織統治コーポレートガバナンス体制

ページトップへ
ページの終わり