森 俊統
Toshinori Mori

2006年入社
株式会社タカラトミー
 入社前、タカラトミーは自分が子どものころから知っている玩具だけでなく、大人にも驚きや新しさを感じさせる玩具を扱っているところに魅力を感じていました。私の入社当時はトミーとタカラが合併してタカラトミーという新しい会社になり、その1年目での入社になるということにも縁を感じ入社を決めました。
 
  私は経理財務部門の所属が長く、現在はグループ全体の資金管理や連結経理業務を担当しています。日々、金融機関とも接しながら、自社だけでなくグループ全体の資金について検討し、必要な対応の提案を行い、また上場会社として間違いのない決算開示をするため、グループ会社とやり取りしながら連結経理業務を行っています。玩具メーカーの中ではいわゆる“裏方の仕事”になりますが、この仕事がなければ、会社は機能せず、結果として誰ひとりにも、おもちゃを届けれなくなってしまいます。世界中で販売されているタカラトミーのおもちゃづくりを支えていることに、とてもやりがいを感じています。また、毎年年末には全社員が売り場応援という形で店頭に立ちます。金融機関と為替や金利の議論を行った翌日に、街の小売店で子どもたちを目の前に夢中で商品の実演をするんです。他の会社の経理部の方にはないタカラトミー特有の面白いことだと思います。
 
  会社によっては経理財務部門の業務が細分化されていて、会社全体への自身の業務の影響が見えづらいことがあるかもしれません。ですが、タカラトミーでは各人に明確な業務が割り当てられていて、会社全体のこともよく分かりますし、例えば自身の担当業務が決算開示のどこに反映されているか、投資家の目に届くのかどうかよく分かります。まさに自分の仕事によって世の中が動いた!と感じられることもあり、面白いです。
  タカラトミーはフレックスタイム制を導入していたり、社内イベントやクラブ活動も数多くあります。個性を大切にする自由な社風も自分に合っていると感じています。私は、所属しているバンド部で同僚と共にライブを開いたり、水泳部では公式大会に出場するなど、実は休日であっても同僚と関わっていることが多いです。そういう意味ではタカラトミーは単に働いて給料をもらう場所ではなく、社会とのつながりを持つための場所とも言えるかもしれません。私は今後も経理財務や事業管理など、会社を支える仕事を続けたいと考えています。その中で業務効率化やコスト削減を実現して、益々楽しいおもちゃが届けられる会社になるよう貢献したいと思います。

1DAY SCHEDULE

9:00
出社・グループ会社とメールや電話で業務連絡
11:00
金融機関と会議
融資やサービスの提案を受けたり、こちらの課題を相談
12:00
社内でニュースを見ながら昼食
13:00
課内ミーティング
会社全体の動きの確認やチームメンバーの業務の進捗確認
13:30
社内プロジェクミーティング
社内・社内外との打ち合わせ
15:00
書類準備・契約書チェックなどの事務手続き
19:00
退社
21:00
ジムで運動し帰宅!

学生の皆さんへ

就職活動をしていると、どうしても自分と他人を比べてしまうかと思います。自分には特技や資格もないと引け身を感じてしまうこともあるかもしれませんが、知識や技術に関しては、入社後、会社がたくさんサポートしてくれて、いくらでも身に着けることが出来ます。ですから、「自分には無理かも」と考えるより、是非「こんなおもちゃを創ってみたい、こんな事業に挑戦してみたい」という前向きな気持ちでぜひ選考にチャレンジしてください!

ページの終わり