ページの開始

TAKARATOMY

MENU

なまえ

複線&ポイント&立体レイアウト

複線走行から、ポイント変更、坂をつかった立体化と、いろいろな走りが楽しめるよ。
複線&ポイント&立体レイアウト

レイアウトのサイズ

約【奥行き】62cm × 【幅】147cm

このレイアウトに必要なセット・パーツ

購入する

オンラインショップにリンクします

R-01 直線レール(4本入)
R-01 直線レール
(4本入)
×1
R-03 曲線レール(4本入)
R-03 曲線レール
(4本入)
×2
R-05 複線曲線レール(4本入)
R-05 複線曲線レール(4本入)
×1
R-06 ニュー坂レール(2本入・ブロック橋脚2個付)
R-06 ニュー坂レール(2本入・ブロック橋脚2個付)
×1
R-12 8の字ポイントレール(L・R各1本入)
R-12 8の字ポイントレール(L・R各1本入)
×1
R-09 複線外側曲線レール(4本入)
R-09 複線外側曲線レール(4本入)
×1
R-24 複線わたりポイントレール(2本入)
R-24 複線わたりポイントレール(2本入)
×1
J-22 複線ブロック橋脚(6個入)
J-22 複線ブロック橋脚(6個入)
×1

使用しないパーツ このパーツが余ります

  • ブロック橋脚:2個

作り方のポイント

複線わたりポイントレールからつなぎ始めよう。ポイントレールでうまく電車をわたらせるためには、複線わたりポイントレールのポイント位置が上下で反対になるようにしよう。
ポイント1
複線わたりポイントレールからつなぎ始めよう。ポイントレールでうまく電車をわたらせるためには、複線わたりポイントレールのポイント位置が上下で反対になるようにしよう。
ブロック橋脚はつなぎ目の下に置くようにすると、レールの強度が増すよ。
ポイント2
ブロック橋脚はつなぎ目の下に置くようにすると、レールの強度が増すよ。
レイアウトの手前と奥では、坂が始まる位置が異なるんだ。同じ位置から始めると、ブロック橋脚が余ったり、足りなくなったりするので、注意!
ポイント3
レイアウトの手前と奥では、坂が始まる位置が異なるんだ。同じ位置から始めると、ブロック橋脚が余ったり、足りなくなったりするので、注意!

SNSでこのレイアウトをシェアする

印刷する

ほかのレイアウトを見る

PAGETOP

ここからフッターメニュー
ページの終わり