カテゴリ:アニメ

アニメ「Lostorage incited WIXOSS」第1話の紐解き

1話放送終了!

本日(10月14日)には第2話が放送されます。
みなさま、1話はいかがだったでしょうか。2年前と違って、リアルタイムでスマホ(S・M・P)で見れたりするんですね、時代は進化していると思います。

さて、selector シリーズとの違いは
① 年齢が幅広く
② おとなもこどももおねーさんも
③ 始まりのルリグはみんな同じ
で、バトルに巻き込まれます。

皆様も、理不尽な環境に置かれることは多々ございませんか?運命とはそういうものなのだと思います。
アニメの中では相変わらず何が行われているかさっぱりなので、このコラムで補完していこうと思います。

まだ第一話を見てない!という方は、一部ネタバレも入ってしまいますので、ご注意くださいね。

お久しぶり、池袋。

すず子は出戻りの女子高生。
都会の少女たちの冷たさに触れます。
心のよりどころだった千夏さんにも会えません。

都会の人はきびしいなあ


けど、そんな時はWIXOSS!!

WIXOSSがあるだけで友達ができる(可能性が上がる)!
カードショップはとてもフレンドリーなところ。みなさんもいらっしゃってくださいね。

おめでとう、選ばれました!

WIXOSSを始めると人によっては選ばれてしまう方がいらっしゃいます。
その人たちのことを“セレクター”と呼びます。(自らの道を選んだ人も含む)
今回は選ばれると、もれなく自分の記憶を賭けたバトルに参加できます。

名前をつけるとエントリー完了!始まりのルリグが自分のルリグに変わります。

今回、一部のカードはこちらをイメージし、裏面が“始まりの少女”となっております。


通常のルリグとして使用可能です。

コインを5枚にすればゲームクリア!
初期枚数はランダムで決まります。残りのカードをオープンしてくれないところに悪意を感じますね。

ファーストバトル 『リル×グズ子』


初心者で悪いけど、僕と、バトルしてくれないかな…?

初心者でも大丈夫、気軽に声をかけてみましょう。きっと優しくルールを教えてくれるはずです。

さて、初めのバトルは
赤のリル :コイン1枚
黒のグズ子 :コイン4枚
でスタートです。

さて、初期の盤面はこんな感じ。(図はターンエンド時です)

すず子は“ライズ”を得意とした、武勇のデッキ、墨田は“黒と緑”で構築された遊具のデッキです。連続でパンチして、わからない間に倒してしまおう、という感じですね。
あと、相手を煽るのはマナー違反です。


マジでターンエンドしやがった!!

初心者であれば、こういった場合はドロー前なら優しく時間を巻き戻してやり直させてあげましょう。

墨田はガチャポオテダマでフリーな懐へアタックしました。

そして、リルのアドバイスを受けたすず子のターン。しっかりと盤面を整えていきます。
それから武勇、ガウェインを召喚!

初心者だからこその攻めの姿勢。エナ溜めさせるとか関係ありません。
もしかしたら、天性の才能をお持ちなのかもしれません。

焦った墨田のオテダマ召喚!
このあと、すず子が“サーバントで攻撃”してますが、1ターン経過してます。(すず子3ターン目です)

描かれていませんが、一騎当閃でオテダマをバニッシュしてます。
使いこなすのが早いですね。

そしてバトルは経過し。

selectorバトルでつかわれていたバトルテーブルもボロボロに。
我々がイベントで作った同様の机もボロボロになっています。諸行無常ですね。

ごめんなさあああい


リル……!

体は正直なグズ子に殴られて吹っ飛んでいきました。LV4リル。

後攻4ターン目 墨田ターン

墨田さんは、ヨーヨーを場に出し、ダウン効果でゴクウのパワーを5000に。
さらに、ニホニンギョ召喚 ヨーヨーをリムーブしてシーソー召喚
攻撃時ニホニンギョで効果発動 パシバルのパワー-4000でバニッシュ
効果でサラマワを召喚 ゴクウはバニッシュされ シーソー効果1ドロー
という行為を一息で行っております。

さらに、鉄壁のアーツがあるとのこと。


WIXOSS図鑑で効果確認中

そんな時は、コインベット!

リルが放つその技は……『オーネスト!』

なんと、使うやいなやリルの体は光り、たちまち墨田は正直者に!!


防御アーツなんて大嘘だ!!

真実の記憶 リル

最後は孤立無炎ですべてバニッシュし、場を埋めて攻撃です。墨田さんはライフバーストがなく敗北です。
コイン技について

コインベット! オーネスト!

さて、今回のバトルの肝となってくるのがこのコインをベットして使える技“コイン技”です。
リルはオーネスト、メルはベルセルク、あーやはホログラフ、ナナシはブラインド。
それぞれがコインを使うことで盤面またそれ以外の領域において影響を及ぼす力を発揮します。

このセレクターバトルでは、負けると1枚コインを失いますが、実は“ベットするとした分だけ負けたときに追加で失う”というルールがさらにあります。ちなみに勝ったら消費してないことになります。
そのため、コイン使用の査定については、カードとアニメでは若干に差異があることをご了承ください。

墨田さんはコインを使って負けてしまうと、せっかくのリーチからかなり遠くなってしまうので、使うのを避けたのでしょうね。負けを恐れるとは残念な人です。彼のコイン技はなんだったんでしょうか……。

なお、山口が一度考えたリーキング“相手が便意を催す”という能力は胸にしまっておきましたので、誰も使いません、ご安心ください。
ウルトラジャンプさんではこのオーネストを使うスピンオフ漫画が10月19日売り号からスタートします。ぜひこちらも合わせてお楽しみに!

さて、第二話はあの人がバトル!?こうご期待です。

ページの終わり
モバイルPC