公開日:2017/8/4

WIXOSSコラム 第123回
「デッキ強化月間!このタマデッキに気を付けよう」

今週は世界大会の予選開始直前!ということで、selectorカテゴリでよく使われることになるであろうタマデッキをご紹介!
普段のウィクロスパーティでもよく見るデッキなので、タマを使わない人も特徴をとらえておきましょう!

今回の登場キャラ

ニセウムル
ニセモノのウムル 握力が80kgある。
元々人間だったが、人体実験の結果棒人間にされた。

コイン
100枚集めると1機アップできる。
ウィクロスのルールでは5枚しか得ることができない。

今回のデッキはコチラ!

ルリグデッキ
カード名 枚数
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
メインデッキ
カード名 枚数 LB有無
2枚
4枚
2枚
2枚
1枚
1枚
4枚
1枚
3枚
1枚
1枚
1枚
2枚
4枚
1枚
1枚
1枚
4枚
4枚
このデッキのキーカード

ほんま、なんなん?
カモノハシ、後ろ足に毒あるの、おかしない?

みんなおおきに!ウムルやで~!

このデッキのキーカード、紹介していくで!

極盾 アイアース

WX19-021

場にいるだけでタマのアタックをサポートしてくれるアームシグニ。
連続ルリグアタックで攻めていくんやで。

弩砲 チタイクウ

WX19-023

場にいるだけでタマのアタックが強化される。
ダブルクラッシュを得れるのは、一度目のアタックだけやから要注意やで。

小砲 キライザ

WX19-035

《ミカムネ》と協力して点を取る役割を持つシグニ。
序盤から手札に握りたい1枚。何とか初期手札に入れてな。

小剣 ミカムネ

PR-218

アームとウェポンの二つのクラスを持っているシグニ。エナゾーンでも大活躍やで。

アーク・オーラ

WX19-Re20

タマの代名詞とも言えるスペルやん。
相手を殴り倒す事だけがこのスペルではないって所を見せたるで~。

このデッキの回し方
序盤 LV2まで

PR-218 WX19-035

序盤は《ミカムネ》を出して《キライザ》の出現時能力で面を空けてガンガンダメージを与えていくで!
相手のライフクロスを少なくした状態で終盤までいきたいから、隙あらばダメージを与えるんやで~。

中盤 LV3かLV4

WX19-Re06 WX19-Re01

レベル3にグロウしたら《ゲット・インデックス》
《ヴァルキリー》をサーチしてそこから《キライザ》をサーチ!
手札にサーバントが無ければサーバントをサーチしてくるとええな。
レベル4にグロウしたらまずは様子見のジャブといった感じで《アイアース》《チタイクウ》のセットを展開して相手の出方を伺うんやで~。

後半 LV4か5

WX19-021 WX19-031 WX14-033

レベル5にグロウしたらエクシード能力によってデッキのアームかウェポンがサーチ出来る!
このデッキは手札がカツカツになりやすいから躊躇しないで使おな!
《アイアース》《アキレウス》《カクシ》を並べて
渾身のストレートをお見舞いしてKOや!

天使を使うプランはアーツを使っておかなあかんけども、一度並べたあとは守りが不安やろ?
そこでコイン能力の出番や!手札の《アーク・オーラ》を投げ捨てて天使軍団を守ってくで~!

フィニッシュ

WX12-018 WD13-013

先述の《アイアース》《アキレウス》《カクシ》以外にも、こちらがアーツを全て使っていれば《ガブリエルト》《アークゲイン》+天使シグニのアーツ効果を受けない天使軍団で攻勢を仕掛ける事が可能や!
相手によって盤面を変えて追い詰めていこや!

これが基本的な動き方やで!

うんうん。

このデッキがやられて嫌なことは…?

WX13-003

ルリグアタックによってフィニッシュを狙うのがメインプランやから、ルリグアタックを止めてくるアーツ、特に
凍結も行える《アイスフレイム・シュート》は苦手!

WX19-002

《カーニバル -MAIS-》は自身の能力によって
シグニを1体《サーバントZERO》にしてくるので《アークゲイン》もお手上げなんや。
さらに一度使用した《アイスフレイム・シュート》
コイン能力によってもう一度使用してくるので厳しいなぁ。

WX14-003 WX18-003 WX16-006

ルリグの攻撃を受けない《紡ぐ者》や、ルリグをアタックさせなくするカードもイヤやなぁ。

コイン能力を使って《アーク・オーラ》を捨てる事で守るプランは、ハンデスによって手札を捨てられてしまうと使用出来なくなるのでこれも注意やねぇ。

このデッキの理想盤面は…?

相手がルリグの能力で防ぐ手段が無いようなら《ガブリエルト》《アークゲイン》+天使シグニの盤面!

ルリグの能力で防いでくるようなら《アイアース》
ウェポンのシグニ+《カクシ》or《アキレウス》の盤面で詰めるのが一番やで!

デッキの差し替え候補
火銃舞 タマヨリヒメ之参

WX10-010

《黄金の巫女 タマヨリヒメ》へのグロウコストが《無》×1になるのでとてもお得や!
この場合はコイン能力が一度しか使用出来ないので《アーク・オーラ》の枚数も調整しよな!

サード・デスティニー

PR-429

面を埋める役割、《アーク・オーラ》や必要な札をデッキに戻す役割で使える便利なアーツやで!

ほな、みんなウィクロスエキスポで待ってるで!

※ニセウムルはウィクロスエキスポのどこかに潜んでいるので探してみよう!

タマの新カード紹介!

さてそんなタマですが、9月7日発売の「コネクテッドセレクター」では、タマに関連するカードが多数登場します。

WX20-004

20弾では、《一心轟体》のように、シグニクラスの左側に書いている中分類を参照するアーツが登場します。

<精武>は、アーム/ウェポン/トリック/遊具/毒牙のクラスですね。
2枚捨てれば無色コスト2枚で支払えるので、どのルリグでも使えそうです。

効果はシンプルなので、精武デッキには入れておいて損のない1枚になるのではないでしょうか。

WX20-022

今日紹介したようなデッキで大活躍間違いなしのスーパーレアシグニです。
相手のキーカードをトラッシュに置き、自分は守りに最適なシグニを出すことができます。
状況に応じて、《チタイクウ》《アイアース》を出しましょう。

WX20-038

指定された3体の上に出す珍しいライズシグニです。
手札に戻したり、「アタックできない」を与えない限りは止まらず、一気にライフクロスを奪っていくので要注意!

WX20-050

上の自動能力を使用することで、《ニャックル》自身と、バニッシュされた、《ニャローブ》の効果でもう1体もアップすることができます。
下の自動能力で《ニャローブ》を出すと、《ニャローブ》の出現時能力でまた《ニャックル》を出すことができます。(デッキにいれば)

WX20-069

カード名に「タマ」がついていたので、こちらもついでにご紹介。

アタックフェイズ中にレゾナを出せる強力シグニ。 《スイングライド》《フリーフォール》を出せると一気ダメージを与えられます。

今週は以上です。
今までのコラムで紹介したカードもカードリストに追加しましたのでご確認くださいね。

トレットの「エキスポ散歩」

こんにちは!《篭手 トレット》だよ!
いよいよ日曜日はWIXOSS EXPOだね!

エキスポの遊び方プランをまとめたから、是非自分にあった楽しみ方をしてほしいな!

全体的に楽しみたい人
  • ①朝は物販で欲しいものを買う。
  • ②11時からチーム謎解きに参加。
  • ③午後は出展やステージを見つつ、時々バトルラッシュに参加。
  • ④空いてる時にフォトスポットで写真を撮る。
一人で来た人向け
  • ①朝は物販で欲しいものを買う。
  • ②午前中で出展を全部見る。
  • ③午後はステージを見つつ、時々バトルラッシュに参加。
  • ④空いてる時にフォトスポットで写真を撮る。
行けない人
ずっとバトルをしていたい人
  • ①朝からチーム戦の世界大会に参加。
  • ②世界大会に負けたら、「海のように寛大なバトルラッシュ」をやり続ける。
  • ③家に帰ってもずっとバトルする。
石油王向け
  • ①午前中にカードラボの物販を全て買い占める。
ウィクロスを知らない人
  • ①会場で震える。
  • ②来場特典をもらう。
  • ③会場で震える。
  • ④「ウィクロス知らない人向けブース」へ行く。
  • ⑤担当しているスタッフもウィクロスを知らないので、とりあえずトランプで
    遊ぶ。
  • ⑥震える。

ざっとこんなところかな!

それじゃあみんな!会場で待ってるよ~!

つづく。