カテゴリ:デッキ紹介

WIXOSSコラム 第135回
「新3色ルリグ:リワトの戦い方」

ブースター21弾 ビトレイドセレクター 11月23日発売!

「ビトレイドセレクター」の新カードを使用したデッキ
毎週紹介していきます!

今回は、20日の配信でお披露目となったリワトのデッキをご紹介!

今弾の新ルリグ:リワトウィクロス初の3色ルリグ
天使の力バニッシュからドローエナチャージエナ破壊まで
なんでもござれ!

今回のデッキはこちら!

ルリグデッキ
カード名 枚数
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
1枚
メインデッキ
カード名 枚数 LB有無
2枚
4枚
4枚
3枚
3枚
4枚
1枚
4枚
3枚
4枚
4枚
1枚
1枚
2枚
このデッキのキーカード
荒ぶる海洋 §ポセイドナ§

WX21-024

シグニ本人が能力を持たない代わりに、天使の能力をコピーできる変わった
シグニ。
これまでに出た天使シグニを再度見直して、強い能力の組み合わせ
見つけたい。
このデッキでは、《プロメウス》+《ムンカルン》アタック時バニッシュ+除去耐性や、《フレイン》起動能力の連続使用が主な使い方になる。

美しき豊穣 #フレイン#

WX21-028

出現時にエナを増やし、シグニ除去とエナ破壊を同時にできる強力な起動能力を持っている。
シグニ耐性持ち以外はすべて除去することができ、破壊できるエナには条件がないため、マルチエナを破壊して相手がプレイしたい防御アーツを妨害
できる。

プライマル・サーガ

WX21-020

すべての色エナを要求されるが、どの効果も3コスト以上の効果
ある。
《水天一碧》《龍滅連鎖》のチェインと相性がよく、その場合は1エナ
使える。

デッキの動かし方!
序盤 LV2まで

WX21-056 WX21-061

WX21-055 WX21-051

《ニョルズ》《ヴァナディス》アドバンテージを取りに行きたいが、能力を使えるかは相手次第なので、使えたら儲けものぐらいに考えておくといいだろう。
レベル2の天使色が揃っていれば出現時にアドバンテージを稼げる
いつ引いても困らない《ミネルバ》と違い、《アナフィエル》序盤でこそ
活躍するカード
なので、手札にきた場合はすべて使い切ってしまって
いいだろう。

中盤 LV3

WX21-Re11 WX21-032

《ナキールン》天使をサーチしたり、《プロメウス》ダメージを取りに行こう
《プロメウス》は、次のターンに《ポセイドナ》の下に置きたいカードなので、ここで1枚は使って問題ない。

後半 LV4

WX21-006 WX21-024

WX21-028 WX21-Re10

《リワト=フィーラ》能力を使うために、毎ターン3色揃うように展開していこう。
《プロメウス》を下においた《ポセイドナ》《フレイン》の2体に、
《ムンカルン》《プロメウス》を並べよう。
防御はアーツとエクシードですることになる(自動効果が相手ターンに発動するのは期待しないでおこう!)。
白が2エナあれば《アフロディテ》2体止めることが出来るので、デッキに残っているかどうかは常に意識しておこう。

フィニッシュ

WX10-005 WX21-028 WX21-020

《龍滅連鎖》でエナを破壊した後、更に《フレイン》の起動能力でエナを破壊することで相手の防御手段を奪って倒しにいこう
そんなにエナが貯まるわけない!と思うかもしれないが、《フレイン》の出現時能力と、《プライマル・サーガ》で一気に増やすこともできる。

このデッキを相手にした時はココに気を付けよう!

WX21-006

3色の天使を揃えないと《遠かりし使 リワト=フィーラ》能力が発動しないため、相手の天使をすべてバニッシュしていったり、手札破壊で事前に出せるシグニを減らすのが効果的。
また防御の際、相手の《ムンカルン》は除去耐性を持っているので、バニッシュよりシグニダウンで防御するといいだろう。

差し替え候補
水天一碧→ドント・エスケープ

PR-325

ルリグにを含んでいるので、強い状態でプレイできる。
《水天一碧》に比べて、2エナでプレイできる。
要求される色エナが青1と少ないことが魅力。

サード・ディスティニー→アイスフレイム・シュート

WX13-003

ルリグをダウン凍結できる唯一のアーツ。
ルリグアタックをキーにしたデッキが多いと感じたらメタゲームを読んで投入しよう。
の色拘束もリワトならへっちゃら。

次週は遊月のデッキを紹介予定!お楽しみに!

つづく。

ページの終わり
モバイルPC