【WIXOSS 用語解説】

トリガー能力

トリガー能力の特性については詳しい図解を含めた説明があります。詳しくはコチラ

常時能力のうち、発動条件を満たした時に効果を発揮する能力「(~したとき)(~するたび)(~開始時、~終了時)、 ・・・する」と書かれている能力はトリガー能力です。

出現時能力と自動能力はトリガー能力です。

【トラップ】が表向きになる行動はシグニがアタックしたことを条件とするトリガー能力による処理です。「このトラップの正面のシグニがアタックしたとき、このトラップと同じシグニゾーンにシグニがない場合、このトラップを表向きにしてもよい」と定義されます。

トラップアイコンライフバーストアイコンで示されるトラップ能力とライフバースト能力はトリガー能力です。
トラップ能力は【トラップ】が表向きになったことを条件としてトリガーして発動します。
ライフバースト能力はカードがクラッシュされてチェックゾーンに置かれたことを条件としてトリガーして発動します。

【ランサー】は2018年2月22日付けでトリガー能力と定義されます。

トリガー能力は以下の特性を持ちます。

《特性》

  • 1.トリガー能力の条件を満たすことを「トリガーする」と言います。
  • 2.トリガー能力はスペルや能力のコストを支払っている途中や、その効果の処理中にトリガーすることがあります。ただし、そのスペルや能力の効果の処理がすべて終わるまで発動しません。
  • 3.効果の処理が終わり、トリガー能力の発動とルール処理がどちらも条件を満たしている場合、先にルール処理を全て適用してからトリガー能力が発動します。
  • 4.複数のトリガー能力がトリガーした場合、そのターンを行っているプレイヤー(ターンプレイヤー)の能力を好きな順番で1つずつ処理します。(処理をした結果として新しい能力がトリガーすることもあります)。そしてターンプレイヤーの処理がすべて終わったら、非ターンプレイヤーのトリガー能力を好きな順番で1つずつ処理します。

《トリガー能力の不発》

トリガー能力はルールによって不発となる場合があります。不発となったトリガー能力は発動せず効果は処理されません。

  • 1.トリガー能力を持つカードが公開領域でその能力をトリガーしたあと、発動前に他の領域へ移動した場合
  • 2.トリガー能力を持つカードが公開領域でその能力をトリガーしたあと、発動前に効果によってその能力を失った場合