COLUMN

塾長”とれっど”のウォーブレ冬期講習 PART5

201704/07
塾長”とれっど”のウォーブレ冬期講習
COLUMN

塾長”とれっど”のウォーブレ冬期講習 PART5

【はじめに】

こんにちは。ご無沙汰しております、とれっどです。

第2弾拡張パックの『Bullets of Soul』がリリースされましたね。
第一印象で強そうに見えたカードが使ってみるとそうでもなかったり、弱そうに見えたカードが使ってみるとかなり強力だったりと新鮮な驚きが多く楽しいですね。

自分の場合、カード情報を見た際に《破断のカオスクイーン》が強いな、と思ったのですが、いざ使ってみると序盤に《破断のカオスクイーン》を引くことができず、理想である3ターン目《破断のカオスクイーン》からの高コスト機械の大量展開はなかなか決まりませんでした。

冷静に確率を計算してみると40枚のデッキに1枚しか入れることができない《破断のカオスクイーン》を3ターン目までに引く確率は3割にも満たなかったので、このカードは戦略の中心に置くのではなく、「引けたらラッキー」くらいに思ってデッキを構築した方がいいかなと今は考えています。

破断のカオスクイーン

▲強力な効果を持つがGCなので1枚しか入れることができない

また、カード情報を見た際に《千両役者 ウリノスケ》はステータスが1/1なのであまり強くないかなと思いました。しかし、実際に使ってみると《邪怨》によって1ダメージを与えることができることが想像以上に便利で強いと思いました。

特にMAGNAが先攻で出してくる《毒銃士 ウェスタン》に対して《MEMORY》を使い《千両役者 ウリノスケ》を出すことで完璧に返せた時は感動しました。

千両役者 ウリノスケ

▲器用な効果のウリノスケは縁の下の力持ち

もっとも良いデッキが見つかればカードの評価はガラッと変わるものなので、来週あたりにはまた「カオスクイーン最強!」と言っている可能性もあるのがカードゲームの恐ろしいところですが、そういったことも含めてやはり新弾直後は面白いなぁと思います。

実際に試してみないと分からないことが多いので、是非皆さんも色々なカードを試してみてください!

さて、前置きが長くなりましたが今回はこの第2弾のテーマにもなっている「ソウル」について考えてみようと思います。前環境では正直ソウルのことをほとんど意識せずに戦い、途中で思い出したようにソウルバーストすることが多かったと思います。しかし、現環境ではソウルを消費して効果を発動するカードや、お互いのソウル量によって効果が決まるカードが追加され、常にソウルを意識しなくてはいけなくなりました。それではお読みください。

ソウルの貯め方

まずは、ソウルの仕様について改めてまとめてみます。

  1. 先攻は0個から始まり、後攻は1個から始まる。
  2. 上限は9個。
  3. 味方のユニットが破壊されると1個追加され、蓄積されたソウルの数に応じてソウルバーストのレベルが変化する。
    ・1~5個 ソウルバースト Lv1
    ・6~8個 ソウルバースト Lv2
    ・9個 ソウルバースト Lv3
  4. ソウルバーストを使用すると、ソウルは0個となり、蓄積もされなくなる。

ここで重要なのがソウルは「味方のユニットが破壊されると1個追加される」ということです。スペルやトラップを使用しても貯まりません。つまり2/2/2ユニットに対して《フェアリー・ガス》を使い除去する行動は一見互角に見えますが、ユニットを出していた側がソウル1個分得をすることになります。

このことから、ユニットを出して攻める攻撃的なデッキはソウルのシステムと相性が良い事が分かります。

効率よくソウルを貯めるには毎ターンユニットを出していくことが重要です。1ターンに1枚ずつユニットを出していった場合9ターン目にはソウルが9個貯まる計算になります。

低コストのユニットを1ターンに何体も出すことのできる速攻デッキなら、6~7ターン目に貯めきることもできそうです。

また、ソウルを貯める効果を持ったカードを活用することもできます。
ラッキー》は優秀なステータスを持ち、前環境から評価が高かったですが、ソウルの価値が上がった今環境では更に重要度が増していて、どんなデッキにも組み込むことができそうです。

ラッキー

▲元々強かったこのカードだが、最近は更に強く感じる

またTAOSINに追加された新カードの《龍風》や《国崩蝶 ホウアン》は簡単にソウルを増やすことができます。

龍風
国崩蝶 ホウアン

▲TAOSINは最も早くソウルを貯めることができる国だ

しかし、TAOSIN以外の国は、使い勝手の良さそうなソウルを増やすカードが追加されなかったため、依然として《ラッキー》頼りとなりそうです。

ソウルの使い方

ソウルの使い方で最も基本的なものはソウルバーストですが、第2弾ではそれ以外の選択肢が用意されたように感じます。

最も目につくのは「あなたの場にある(種族)の数に等しいソウルを消費する」というテキストを持ったNEUTRALのカード群でしょう。これにより種族統一デッキはソウルバースト以外のソウルの使い方が生まれました。

しかし、あまりたくさんのソウルを使ってしまうとソウルバーストを捨てることになりますし、そもそも場に4体も5体も同じ種族のユニットが並ぶ展開は考えにくいです。
場に1~2体だとしても、それなりに機能しそうだと判断した場合に、これらのカードを入れることをお勧めします。

宵華の旅人シェーラ
山の女王 ブルト・ナジャ
魔獣帝 バーバヤガ

▲バラエティ豊かな種族サポートカード、どれを選ぶ!?

また《先駆の豚王》も面白いソウルの使い道だと思います。攻撃するたびソウルを消費してしまいますが、1/2/2と高いコスト比ステータスを持っています。このカードを採用する場合はその攻撃がソウル1個に見合うだけの価値があるか熟考する必要があります。

もっともソウル1個で2ダメージと考えれば、ソウル9個で18ダメージとなり、これはソウルバーストLv3よりも価値が高いので、攻撃した方が得な場合が多いと思います。

先駆の豚王

豚王は取扱いが難しいが強力!

デッキ紹介

ここで自分が今使っているデッキを紹介したいと思います。

▲持っていないカードは近いコストのカードに置き換えよう!

序盤にステータスの優秀なユニットを出しつつソウルを貯め、中盤に《山の女王 ブルト・ナジャ》や《幽幻の執女 ヨミ》で貯めたソウルを活かしてアドバンテージを取り、 《千年猿 タンゲ》×2・オーバーヒート・ソウルバーストのコンボでフィニッシュを狙う形です。

幽幻の執女 ヨミ》はソウルが貯まっている状態ならステータスが高く、出すだけで非常に強力です。

山の女王 ブルト・ナジャ》は基本的に場に獣が1体いる状態で出し、《先駆の豚王》を確定でサーチします。これにより2/1と2/2のクイックが並べることができます。

千年猿 タンゲ》×2のコンボはソウルバーストLv3で使うと12ダメージを出すことができます。しかしソウルバーストLv1で使っても10ダメージを出すことができ、その差は2ダメージです。ソウルバーストLv1がソウル3個の消費で、ソウルバーストLv3がソウル9個の消費なので、ソウルの差は6個です。6個もソウルを使って2ダメージしか上がらないなら、豚王で6回攻撃して12ダメージ稼いだ方がいいため、このデッキではソウルバーストはLv1で使用することが多いです。

ソウルバーストを使用すると豚王が攻撃できなくなってしまうので、豚王で先に攻撃してからソウルバーストを使用することもポイントです。

やや難しいデッキですが、新カードや新要素が多く、楽しくプレイできると思うのでお勧めです!

おわりに

今回は自分のソウルについての考え方をご紹介しました。ゲーム全体で何個のソウルを貯めることができるデッキなのか、そのソウルをいつどこに使用するのかと、考えることが増え、ますます面白くなったように感じます。

今回は個人的にソウルの使い方が一番しっくりきたLAPISが多めの紹介となってしまいましたが、ソウルを最大にすることが重要なSHEDO、ソウルを貯めることは難しいが、最高の使い道である《青の超越者オズワルド》を持つMAGNA、最もソウルを貯めやすく、《闇を穿つ醒龍》で2回目のソウルバーストを使えるTAOSIN、《狂獣 アーウィング》や《烈砕の次元 ハイボルト》、《新世界の王 メア》とソウルを貯めるカードはあるが、全体的にトリッキーなE・G UNIONと個性豊かなので、各国毎にソウルについて考える面白さがあると思います。是非、色々試してみてください!

それではまた次回、お会いしましょう!!

とれっどさん、ありがとうございました!!

ここで再びイベントのお知らせです!!
4/7(金)より、プロモパックが「Vol5」に更新されております!!

対戦することで最新カードを獲得できるチャンス、是非お見逃しなく!!

更に!期間限定キャンペーンとして

も併せて実施中!!こちらは何とログインするだけで最大3枚の新カードをゲットするチャンス!!今回を逃すとしばらくクリエイトは出来ませんので、この機会を是非お見逃しなく!!

新情報告知は以上となります。2弾リリース・超強力イベント&キャンペーンと益々盛り上がりを見せる「WAR OF BRAINS」、お楽しみ下さい!!

―ウォーブレ運営―

とれっど(Tredsred)
Writer: とれっど(Tredsred)

デジタルカードゲームの世界において卓越した分析力と知識量を誇る”塾長”。その実力を遺憾なく発揮し、世界的デジタルTCGにおいて、多くの実績を獲得している。

今すぐWAR OF BRAINSをプレイ!

アプリ名:WAR OF BRAINS(ウォーオブブレインズ)
ジャンル:対戦型本格カードゲーム
価格:基本プレイ無料(アイテム課金有り)
対応OS:Android4.4以降 iOS8.0以降

ページの終わり