COLUMN

ちょもすの「ウォーブレ反乱日誌」PART2

201803/14
COLUMN

ちょもすの「ウォーブレ反乱日誌」PART2

ちょもすです。少し間が空いてしまいました。

というのも、今からちょうど数週間前、端末によってウォーブレの動作が不安定だったりしたんですよ。あまりにも不安定なものだったからSNSで「コラムのスクリーンショットが全部『Now Loading…』になりそう」と書いたら、一秒で担当の方から「申し訳ありません……コラム延期でも構わないので……」と連絡がきてしまい、僕としてもジョーク半分だったので「あっ……いや……その……なんかすいません……」みたいになり、でも確かに動作は不安定だったので延期だと大変助かりますというやりとりがあったりなかったりしました。

アップデートでばっちり修正されたので、今は問題なく遊べるようになりました!

『エリカ』

一か月以上経って言うことでもないような気もしなくもないですが、B1についてどうしてもここで言いたいことが一つだけあるのでこの場を借りて言ってしまいます。

このゲーム、KOTOKO、聞けねえ。

いやですね。こんな御大層なムービーを作ってですよ。生放送にKOTOKOさんをお呼びしてコメントを頂いてですよ。《亡郷の白魔剣 エリカ》、ちょっと貧弱すぎやしませんか!?

結構頑張って使おうとしたんですけど、現状のカードプールだとやればやるほどTAOSINのデッキからB1のカードがデッキから抜けていくし、もっというと現環境は1ターンに20点削るようなタイプのコンボデッキが主流なので、最終的に「3/2 アブソーブ……うーん……」みたいになるのなんとかならないんですか本当に。僕は悲しいですよ。なんでB1出たのに3ターン目に変な髪形のおっさん出さなきゃいけないんですか。もういっそ《狂葬者 アパッチ》を出したら『エリカ』が流れる設定とか追加してほしいですよ。

B2で新しいデッキタイプが補強されたりなんかするとまたぐっと変わるとは思うので、これを持ってB1がクソだというつもりは全然ないんですが、僕はとにかくKOTOKOが聞けなくて悲しいです。どうか《亡郷の白魔剣エリカ》を3/3/4/アブソーブ/クイックくらいにしてもらえないでしょうか。何卒ご検討のほどよろしくお願い致します。

エリカ以外にも《報復の堕天妃 ベラ》とか《独裁科学 ドラン・エイガー》とか《おてんば王妃 レヴィ》とか、B1のBGMは個人的に歴代最強クラスでなんですよ。それだけにほんとなんかこう……もうちょっと……強くても……って思っちゃうんですよね。

行きつく先は

さて、僕がエリカを諦めてどんなデッキにたどり着いたかと言えば、ずばり《狂審者 ウィットフォードΣ》と《情熱の王女 エモ》のコンボからなる『エモΣ』です。石を投げないでください。カードゲームは人が嫌がることをするのが強いって偉い人が言ってましたから。

一時暴れすぎたせいで《クローン・フィーバー》のコストがエラッタで激重になり、中々にシビアなデッキになってしまったと思われていた『エモΣ』。しかしB1で追加された《スペクタクル・レイン》がこのデッキのために存在しているとしか思えない意味不明の回復カードで、ライフを減らされてもコンボに行けるという強みを手に入れました。

このカードが存在する前は雑に相手の顔面に《先手必勝》を打って「あんたはもうコンボに行くだけのライフがねえ。死んだよ……」といったドヤ顔間違い無しのプレイが可能だったのですが、今やるとあっさり8点回復されてメモリを失うだけの悲しいプレイになってしまいました。

他にも《暗躍使徒 キングホーン》だったり、《暗躍使徒 バンブーマスター》だったり、B1には『エモΣ』にとって試しがいのあるパーツが追加されていて、遊びがいのあるデッキになっています。

そして何よりプロモパックから突然始まった大航海時代、

風説のアスカ》がかなりの無法者です。《堅巌龍 ダンダマイト》を3体並べた返しに《風説のアスカ》で更地にすることができれば対戦相手は引退待ったなしです。出力の結果は《風説のアスカ》との絆の証明なので、そこでごちゃごちゃ言う奴は拳で黙らせましょう。

冗談はさておき、《風説のアスカ》は運が絡むとはいえ『エモΣ』が苦手としていたカードらに対してクリティカルに刺さるカードで、現実的に強めのカードだと思います。能力の発動に失敗したら海にスマホを投げましょう。それもまた大航海時代です。


それではまた次回お会いしましょう。

ちょもす
Writer: ちょもす

アーケードゲームを始めとした、多くの分野で名を残す「生粋のカードゲーマー」。過去にデジタルTCGの賞金制大会で準優勝した経験を持ち、「WAR OF BRAINS」においても上位ランクをキープしている。好きなカードは「覇王白獅子」「シャーク・トレード」

今すぐWAR OF BRAINSをプレイ!

アプリ名:WAR OF BRAINS(ウォーオブブレインズ)
ジャンル:対戦型本格カードゲーム
価格:基本プレイ無料(アイテム課金有り)
対応OS:Android4.4以降 iOS9.3以降(推奨端末iPhone6以降)
※iPad、Androidタブレット端末は非推奨

ページの終わり