COLUMN

ちょもすの「ウォーブレ反乱日誌」PART3

201803/23
COLUMN

ちょもすの「ウォーブレ反乱日誌」PART3

ちょもすです。

今回は構築済みデッキの話をしようかなと思っていたんですが、カードパラメータの調整が入ってそちらのほうが僕にとってクリティカルだったので、今回は調整の話にしたいと思います。この記事が公開される頃には実装されていると思いますが、この記事を書いているのはカード調整前なのでその点ご了承ください。

カードパラメータの調整の詳細はこちら

メイグルの中身がキメラになりました

稼働初期から多くのウォーブレプレイヤーをお世話し続けた《メイグル》がついに弱体化されてしまいました。デッキからどんな2コストでも出ていたところから、デッキから2コスト“以下”のキメラが出るようになります。

2コスト以下のキメラの内訳がこちらですが……

メイグル》を出すために《メイグル》を採用するのはマトリョーシカ的で面白いですが何をやっているのかはよくわからないですし、それ以外の面々もなんとも微妙なラインナップです。後述しますが純粋な弱体化ですね。今後のキメラの追加次第で花開く時がくるやもしれませんが。

こちらは《希望の使徒 イム》《希望の使徒 アニー》《戦士の休息 キアナ》からなる『イムアニー』コンボに対する調整です。デッキの強さもそうですが、パーツが揃ってうっかり6ターン目に勝ってしまったり、長引いても結局相手のデッキに関係なく勝ってしまうことでの理不尽さというのも強かったので、そのあたりを見た調整ということでしょうか。

何にせよ世の中に平和が訪れる調整だと思います。

最初からこうしろ!

変革の『エモΣ』

さて、前回の記事で最近『エモΣ』を好んで使っている旨をお伝えしましたが、僕の使っていた『エモΣ』にもこの調整は大きく影響があります。《モルモンズ・オーダー》こそ入っていない構築だったものの、『エモΣ』には欠かせない《テスタ・パンク》から出てくるユニットは何を隠そう《メイグル》だからです。

▲モグラには頼らず、MAGNAにトラップをセットされたら天に祈って勝利を狙うデッキです

どうあがいても弱くはなってしまうのですが、『エモΣ』を使いつづけようと思った場合には以下のいずれかの選択肢から選ぶことになるでしょう。

  1. メイグル》から何も出てこないが《テスタ・パンク》をそのまま使う
  2. 狡犬 リベリー》を《検体銃士 ペンギート》に変える(キメラを3枚入れる)
  3. 狡犬 リベリー》を《検体銃士 ペンギート》と同時に《暗躍使徒 キングボーン》を《サイコバトラー》に変える(キメラを6枚入れる)
  4. テスタ・パンク》を諦める

テスタ・パンク》3枚に対して《メイグル》から出したいユニットが6~7枚というのがかなりしっくりきているので、ムラがありそうな②はやりたくありません。どうせキメラを入れるなら③なのですが、《サイコバトラー》はあまりに《サイコバトラー》です。2/3/3の《サイコバトラー》時代を知っているだけに、2/2/3の《 サイコバトラー》を使うと気持ちが《サイコバトラー》になってしまうのでこれもあまりやりたくはないですね。《シャーベア》は……かわいい。実は《メイグル》ループで圧縮が可能な《メイグル》が一番良かったりするんでしょうか。

じゃあ④はどうかということになるのですが、正直《テスタ・パンク》の代わりになるようなカードはないと思っています。《デモ鎮圧》がもしかしたら頑張ってくれるかも……というくらいで、元々があまりにも強力なので替えが聞きません。抜くならば構築全体を見直す必要が出てくると思います。

最後に残った①は……どうなんでしょう。最初の《メイグル》が割れるまでは相手に無駄にプレッシャーは与えることはできますし、《リサイクル》にも使えるので言うほど……という気もしますが、さすがに《メイグル》から何も出てこないと《テスタ・パンク》が弱い《フェアリー・ガス》になってしまうのでどうなんだろうという気もします。弱い《フェアリー・ガス》だとしても必要なんじゃないか、という気もしなくはありませんが。うーん。総合すると③で《メイグル》と《検体銃士 ペンギート》を入れる形がいいのかも?

こうして考えてみると《メイグル》の修正が与えるE・G UNIONへの影響は思ったよりも大きいですね。小さな修正に見えますが、蓋を開けてみたらガラっと環境が変わったりするのかもしれません。

僕は『エモΣ』でいけるところまで行ってみようと思います。B1の新デッキタイプになびかず『エモΣ』を使い続けるのは、《亡郷の白魔剣 エリカ》があまり使われていないことに憤慨する僕の反抗です。何卒!


それではまた次回お会いしましょう。

ちょもす
Writer: ちょもす

アーケードゲームを始めとした、多くの分野で名を残す「生粋のカードゲーマー」。過去にデジタルTCGの賞金制大会で準優勝した経験を持ち、「WAR OF BRAINS」においても上位ランクをキープしている。好きなカードは「覇王白獅子」「シャーク・トレード」

今すぐWAR OF BRAINSをプレイ!

アプリ名:WAR OF BRAINS(ウォーオブブレインズ)
ジャンル:対戦型本格カードゲーム
価格:基本プレイ無料(アイテム課金有り)
対応OS:Android4.4以降 iOS9.3以降(推奨端末iPhone6以降)
※iPad、Androidタブレット端末は非推奨

ページの終わり