TAKARATOMY

さがす
English
TAKARATOMY GROUP CSR
ここから本文

主題1ものづくりへのこだわり

安心・安全・品質の確保

タカラトミーグループでは、世界中のお客様に魅力のある良質なおもちゃを提供するため、安全品質の向上に取り組んでいます。

背景と方針・体制

おもちゃは主に子どもたちが使用するため、安全性に関する最大限の配慮が求められます。そのため、世界各国では国家規格、あるいは、業界の自主規制により玩具に備わるべき必要条件を定めていますが、その内容は文化や社会環境などの違いから複雑かつ多様になっています。加えて、技術の進歩や社会の変化に伴うおもちゃの多様化は、安全に関する必要条件の適用をますます複雑なものにしています。

タカラトミーグループでは、創業理念に則り、「安全で安心できる商品作りを環境に配慮して行い、世界のお客様に魅力のある良質なおもちゃを提供」することを品質の基本方針として掲げています。タカラトミーグループの企画から生産まで一連の安全・品質管理の流れを仕組み化した社内規定「安全品質管理規定」と、商品の安全品質や化学物質に関わる基準「タカラトミー品質規程」を定めています。

タカラトミーグループの商品の安全、品質や化学物質の管理は、代表取締役直轄の安全品質統括部が担い、機能として品質統括、安全統括があります。品質統括では「タカラトミー品質規程」に基づく品質基準書の作成や、各工程での商品の品質確認を行い、安全・品質基準に適合した商品づくりを徹底しています。
安全統括部門では、商品化の際に懸念される安全情報の検討や商品事故の防止に努め、万一事故が発生した場合には「リコール規程」に基づき緊急対応を行います。
安全・品質連絡会は、タカラトミーと国内グループ各社を主要メンバーとする会議で、安全品質統括部が定期的に開催しています。ここでは商品の情報を共有しながら改善策を立案、実行しています。

安全品質管理

タカラトミーグループは「商安全品質管理規程」を策定し、企画から生産まで一連の安全・品質管理の流れを仕組み化することで、安全の確保と問題の未然防止に取り組んでいます。 特に製品の安全性については、STマークに代表されるような玩具業界での安全基準に留まらず、商品のグローバル展開に合わせ、より厳格な独自の安全基準である「タカラトミー品質規程」に照らした検査を実施しています。玩具は、さまざまなお客様に使用されており、特に子どもたちに対しては、成長段階に応じた配慮が必要です。そのため、「タカラトミー品質規程」に定める各種安全基準は対象年齢によって異なり、予見されるリスクを低減させるための基準設定を行っています。

現在の玩具に関する安全基準は主として以下が該当し、タカラトミー品質規程はこれらの基準に準拠しています。

  • 食品衛生法(Japan Food Sanitation Law)
  • 玩具安全基準( ST / Japan Safety Toy Standard)
  • 消費者製品安全改善法(CPSIA / Consumer Product Safety Improvement Act)
  • 連邦有害性物質法(FHSA / Federal Hazardous Substances Act.)
  • 玩具の安全性に関する消費者安全規格
    (ASTM F963 / American Society for Testing and Materials)
  • EU玩具安全指令(Directive 2009/48/EC: Toys Safety Directive)
  • 欧州玩具規格(EN71: European toy Regulations)
  • カナダ玩具規制(SOR/2011-17: Canada Toys Regulations)
  • 中国国家玩具安全技術規範(GB 6675: National Safety Technical Code For Toys)
  • 玩具の安全性に関する国際規格(ISO 8124: International Standard -Safety of toys -)

尚、上記以外にも参照している法規制があります。

企画から販売の流れの中では、生産技術、安全品質に関わる関係者による各開発段階でのデザインレビュー(以下DR)、量産を行う前の最終承認、出荷検査及び受入検査の実施など、徹底した安全品質検査体制を整えています。製品テストはすべての新製品、定番商品等リピート製品でも抜き取り検査を実施しています。加えて製造するおもちゃに対して、オーダーごと、もしくはある一定期間の製造ごとに特定化学物質の検査を実施し、商品の安全性を確認しています。

【企画から販売までの流れ】

企画から販売までの流れ 企画から販売までの流れ

また、おもちゃの安全配慮は新たな遊びの登場やテクノロジーの進化とともに変化するため、「タカラトミー品質規程」に定める基準や検査内容は、必要に応じてアップデートを重ねています。2019年には「タカラトミー品質規程」第11版の改訂版を発行しました。

各種検査装置を使用して社内検査をする様子
各種の検査装置を使用した社内検査
高度検査の様子
商品の強度検査(トミカの安全品質に関わるチェックポイントは、約500項目にも及びます。)

さらに、楽しく安全に遊んでいただくために、子どもの行動を予測した上での警告・注意喚起を商品パッケージや取扱説明書、自社ウェブサイト上で表示するなど、子どもたち目線での安全対策にも注力しています。

ベイブレードサイトのトップページで表示している注意喚起

化学物質管理

おもちゃはさまざまな部品や素材からつくられています。特に、部品や素材に含まれる化学物質による子どもたちの健康や環境への影響に十分に配慮する必要があります。おもちゃや電気・電子機器に含まれる部品や素材などに関する規制は国によって異なることから、「タカラトミー品質規程」ではタカラトミー製品の販売国において排除・削減が求められている有害物質の管理方法を定め、製造委託先工場をはじめとするお取引先様と共有しています。
例えば、重金属・フタル酸エステル類などの有害物質の混入を防ぐために、第三者検査機関と連携し、社内での検査を実施しています。また、欧州においてRoHS指令、REACH規則、POPs規則など排除・削減が求められている有害物質については、製品の製造に関わる協力会社・工場を対象に、原材料や部品に対してアセスメント(CSA/Chemical Safety Assessment)を行っています。万一、商品に混入した場合でも、当該商品が市場へ流出するのを防ぐ体制を整え、商品の継続的な安全品質の確保、管理の徹底に取り組んでいます。
また、廃棄時の焼却処理による環境への影響を考慮し、包装材にはポリ塩化ビニル樹脂(PVC)以外の材料の使用推奨や、お客様の口に接触する可能性のある製品に対し、BPA(ビスフェノールA)が含まれている可能性の高い材料(ポリカーボネート等を含む熱可塑性プラスチック等)を選定する際には、代替素材を検討することを「タカラトミー品質規程」にて推奨し、可能な限り利用しないことを目指しています。

重金属の検査機器フタル酸エステルの検査機器
重金属の検査機器(左)と、フタル酸エステルの検査機器(右) トミータイ

安心・安全・品質の啓発

タカラトミーでは「商品安全品質管理規程」で安全品質に関わるさまざまな取り組みを定め、安全への意識をグローバルで確認しています。具体的には、国内外グループの全従業員が年1回一堂に会して安全品質の大切さを考える「安全の日」の実施、社員がお客様の目線に立ち実際の商品で遊ぶ「遊びこみの会」を一か月に1回程度実施しています。「遊びこみの会」は、開発、営業、品質管理、お客様相談室などのあらゆる部署と各グループ会社から1人ずつ任命される「安全リーダー」を中心に行われ、遊びの中で想定される安全・安心に関わる課題を抽出し、改善につなげることを目的としています。また、本活動で万一安全上の問題が発見された場合は、ただちに適切な改善を実施する体制を整えています。2009年からはじめたこの取り組みは、現在では日本、タイ、ベトナム、中国などの各生産グループ会社でも同様に実施しています。「安全リーダー」の任期は1年とし、毎年新たな「安全リーダー」が任命されます。多くの社員が「安全リーダー」を経験することで、全社的な安全に対する意識の醸成を図っています。

■さらに詳しく知りたい方はコチラ

ページトップへ