TAKARATOMY

さがす
English
ここから本文

重要主題2健全な経営の実行

人財育成・人事の考え方

タカラトミーグループでは、「経営戦略としてのワークライフバランス」と「アイデア創出を促す職場活性策」によって、企業価値創造を担う人財の確保・育成に取り組んでいます。

経営戦略としてのワークライフバランス

タカラトミーグループでは、個人と組織が生み出す付加価値の最大化に向け、働き方の改革とワークライフバランスの実現に積極的に取り組んでいます。
2014年8月には「在宅勤務制度」を導入し、育児・介護により勤務時間に制約のある社員が、在宅で勤務できる仕組みを作り、モチベーションアップを図っているほか、育児・介護と仕事との両立を支援するセミナーを複数回実施しています。
育児従事者向けには経験者を含む社内カウンセラー4名による相談体制も充実させ、育児休暇取得者の増加に加え、復帰率はほぼ100%を維持するなど、取り組みの成果が結実し始めています。さらに計画的に休暇を取得することによる心身のリフレッシュを目的としたリフレッシュ休暇に、誕生日や結婚記念日などのアニバーサリー休暇を加え、休暇取得の風土づくりなども推進しています。
また、2015年の3回目となるファミリーデーでは社員の子どもと家族を会社に招待し、職場見学や仕事体験を実施しました。家族にタカラトミーグループの仕事、従業員の日常を体験してもらうことで、職場に対する理解を深め、また、従業員同士が互いの家庭状況を理解することで「働きやすく、家族を大切にする職場の雰囲気づくり」を目指しています。

※タカラトミー2名、タカラトミーアイビス2名

おもちゃの企画を事業部に提案する子どもたちの様子(ファミリーデー)
おもちゃの企画をして、実際に事業部に提案しました。(ファミリーデー)
メイ社長と名刺交換をする子どもたちの様子(ファミリーデー)
子どもたちは、タカラトミー社員体験。参加者同士や従業員、メイ社長とも名刺交換やお仕事体験をしました。
(ファミリーデー)

アイデア創出を促す職場活性策

TO¥ SYSTEM TO¥ SYSTEM
ページトップへ