現在位置はホームの中のエコトイの中の最新ニュース一覧の中の最新ニュース 2020年です


ここから本文

最新ニュース 2020年

葛飾区立松上小学校で出張授業を行いました!
2020年1月23日(木)

2020年となり2回目となるタカラトミーの出張授業が葛飾区立松上小学校にて行われました。

当日は4年1組・2組のみなさんが80名集まってくださり、タカラトミーグループの共遊玩具環境活動についてしっかり勉強してくれました。

共遊玩具については、目や耳が不自由なお友達でも一緒に遊べる玩具の工夫を、体験も交えながら説明しました。身近にある玩具にこんな工夫があったんだ!と皆さん真剣に聞いてくれました。

タカラトミーの環境活動については、エコレールを中心にお話させて頂きました。
皆さんが知っている内容も多かったようでたくさんの発言をしてくれました。

最後のまとめの発表では、たくさん方が手をあげてくださり、驚いたことや学んだことを伝えてくれました。私たちにとっても多くの発見になりました。

松上小学校の皆さん!今回学んだ共遊玩具環境活動について、周りにいる多くの人に伝えてみてくださいね!そしてまた皆さんのお話をたくさん聞かせてください!

葛飾区立本田小学校で出張授業を行いました!
2020年1月21日(火)

タカラトミーグループでは、葛飾区の小学校を対象に玩具を通じて多くのことを学んでもらう授業を行っており、今回は葛飾区立本田小学校で出張授業を行いました。

当日は6年1組、2組の計65名に参加していただき、タカラトミーグループの共遊玩具への取り組みや環境活動についての授業を行い、多くのことを学んでいただきました。

共遊玩具では、「多くの子供たちが遊べるためのやさしい工夫」をテーマに行いましたが、普段遊んでいる玩具の気づかなかった工夫に驚きと関心の声がたくさん聞こえました。

環境活動では、身近な玩具のエコな工夫についてクイズを交えながらお話ししましたが、たくさん手を挙げてくださり、感想発表では多くのことを学んでもらえたことが伝わってきました。

本田小学校の6年生の皆さんが熱心授業に取り組んでいただき、非常に良い授業となりました。
これからも積極的な姿勢で身の回りの工夫や環境についての学習を深めていってください!

ESD活動支援センターとの連携晃華学園
2020年1月18日(土)

今年から、ESD活動支援センターとの協働により、主体的に活動されている団体と連携した社会活動をはじめました。
今回は、晃華学園で当社の授業プログラムを活用いただいた事例紹介をいたします。

中学1年生が付属の小学生を対象に授業を行います。
当社の出張授業プログラムをベースに、中学生自身がSDGsをテーマに内容をアレンジし、授業を組立てます。今回、2クラスでそれぞれ授業が行われました。

私たちの授業プログラムを貸し出す初めての案件であり、学校も、生徒が教える側となり授業をする新しい取組みでしたが、中学3年生のメンターや先生のサポートもある中、コミュニケーションを楽しく図りながら、児童に寄り添った授業をされていました。
11月から、主体性をもって準備をしてきた生徒のみなさんの姿は、一生懸命さと責任感があふれ出ており、立派な先生になっていました!

本企画は、晃華学園(ESD推進ネットワークの地域ESD活動推進拠点)およびESD活動支援センターとタカラトミーの連携により実施されています。

「環境にやさしい子ども向け体験・工作イベント」(主催:大阪府 環境農林水産部)
2020年1月18日(土)

大阪府が特定非営利活動法人 大阪環境カウンセラー協会と連携して開催した省エネや地球温暖化などの環境問題ついて学ぶイベント「環境にやさしい子ども向け体験・工作イベント」が、1月18日茨木市で開催され、タカラトミーの「エコトイ」の取組み展示やエコトイを使った遊び場コーナーを設置いただきました。

当日は幅広い年代の方々がイベントに参加され、会場はすぐに満員状態となりました。
エコを意識しておもちゃを買ったことがないという方が多い中、イベントを通して「おもちゃにも環境配慮が施されていること」を知っていただく良い機会になられたようです。

タカラトミーでは、これからも、皆さまの環境への取組みをサポートしてまいります。

【コーナー概要】

エコトイ遊び場コーナー/エコトイ展示

最新ニュース一覧へ戻る

TOPへ戻る

ここからエコトイメニュー
y[W̏I