[0]戻る

リカ旅ブログ
すてきなレディーに
なるために、
世界を旅する
ブログです。
2007.08.21[Tue]22:18
ダンス アンド ジャンプ!

バネのようにしなやかなモラン(マサイの戦士)のからだ。
なんて力強く美しいダンス!
声は、低く、高く、次々とかさなりあい、ふしぎな楽器のようです。
よく見ると、コーラスのまん中で、カニンケくんがソロをうたっています。
「カニンケ!」と声をかけると、少しこちらを見てから、
一歩前にでて、ぴょーんぴょーんと、ジャンプをはじめました。
「ジョイナス!(いっしょに楽しもう!)」
そう言われて、私もぴょーんぴょーんと、とんでみたの!
でも、カニンケくんみたいにとべない!
だって、カニンケくんは、私の腰の高さまでとび上がるんだもん。
すると、まわりにいたほかのモランもぴょーんぴょーんと
軽々と、とび上がりました。

なんだか、ニューヨークのクラブで体験した
こうふんがもどってきたみたい!
するとカニンケくんが「明日、ぼくの牛を見に来ない?」とさそってくれました。
そして、「ニメクノキ」ってささやいたの。

帰りぎわ、カニンケくんに「ニメクノキってなに?」って聞いたら、
はずかしそうに「キドゥア!(また会いましょう!)」と
マサイの言葉で言われました。
ニメクノキ?
木の名前?なんだろう???

〈マサイのダンス〉
ぴょーんぴょーんと、その場でとびはねるマサイのダンスは、
おとなになるための儀式(ぎしき)で踊るものなんだって。
昔は、ライオン狩りも儀式(ぎしき)のひとつにあって、
命を落とすモラン(マサイの戦士)もいたんだって。
マサイにとって、おとなになるって、命がけなんだ。
カニンケくんの笑顔からは、そんなことは全然感じられませんでした。


<< サバンナのおきて。
>> マサイの「近く」は「遠すぎる」。
[0]戻る

(C) TOMY 株式会社タカラトミー