[0]戻る

リカ旅ブログ
すてきなレディーに
なるために、
世界を旅する
ブログです。
2007.10.10[Wed]18:46
京都のごはんって、どんなごはん?

だし巻玉子、あなご巻、いろんな種類のたまご焼きがおいてあるお店。
おだしのいい香りが立ちこめる、けずりたてのかつお節のお店。
お茶の葉の青い香りをただよわせるお店。
京つけものが入ったたるをたくさん置くお店・・・・・・。

今日は、京の台所と呼ばれる錦(にしき)市場に来ています。
人でごったがえす通りには、観光客が多いけど、
なかには夕飯のお買い物で来ている人もいるみたい。
今日はどんなおこんだてにしようかな、と考えながら歩いているのかな?

店先を見ながら歩いていたら、まん丸のおナスを発見!
思わず「ふうせんみたいなおナス!」と言うと、
八百屋のおじさんがやってきて、
「これでっか?京野菜の賀茂(かも)なすです。
 歯ごたえがようて、おいしいでっせ。
 おみそつけて田楽にしはったらよろしいわ」と教えてくれました。
話を聞いてみると、この八百屋さんに並んでいる野菜のほとんどが
“京野菜”と呼ばれているものなんだって。
たしかによく見ると、見たことがあるようでないような野菜ばかり。
京都には、京都専用のお野菜があったんだ。
どんな味がするんだろう???

〈錦市場について〉
四条通を1本北側に入った錦小路(にしきこうじ)。
400mぐらいのところに120あまりのお店がずらりと並びます。

〈京野菜って?〉
ふつうの野菜よりも作るのに手がかかっていて、味が濃いのがとくちょう。
お寺の多い京都では、お坊さんが食べる精進(しょうじん)料理のために
各地方で京野菜が作られるようになったそうです。


<< 心の目で見る庭。
>> 好きな人とずっと。
[0]戻る

(C) TOMY 株式会社タカラトミー