[0]戻る

リカ旅ブログ
すてきなレディーに
なるために、
世界を旅する
ブログです。
2007.10.15[Mon]14:53
日本人の心。

「心を無(む)に。心をからっぽにするのです」。
今日は、東福寺で坐禅(ざぜん)に挑戦してきました。
私は教えられた通りに足を組んで、おなかで呼吸をします。
・・・・・・なにも考えないように、心を無に・・・・・・。
・・・・・・からっぽ。からっぽ、から・・・・・・・・・・・・・・・・・・。
そのとき、肩に、バシバシバシッ!!!
い、い、い、いたい!!!
見ると、目の前に、平べったくて長い木の棒を持ったご住職。
いつのまにか寝てしまっていたようです・・・・・・。
私はおじぎをして、もう一度集中してみました。

・・・・・・どのくらい時間がたったんでしょう?
小さな葉っぱがゆれる音や、ゆるやかにまうお線香の香り、
光をつよめはじめた朝日やお堂をみたす朝の空気のにおいなどが
すごくくっきりと感じられてきました。
自分を消すとまわりが見えてくるなんて!

坐禅が終わると、ご住職が
「自分をなくせば、すべてを自由に受け入れられるのです」と一言。
うーん。あまり意味はよくわからなかったけど、
日本って深いです。

※ご住職が持っている木の棒は「警策(きょうさく)」といって、
 坐禅を組んでいる人の眠気をさますために打たれます。
 坐禅中、ねむくなってしまったら無言で手をあわせ、
 警策を打ってもらいます。


<< 京の懐石は、とってもこまやか。
>> 京おんなレッスン。
[0]戻る

(C) TOMY 株式会社タカラトミー