ご家族の方へご家族の方へ

タカラトミーベビー

日々成長していく赤ちゃんと
笑顔あふれる時間をすごせるように。

赤ちゃんとすごす時間はご家族にとってかけがえのない時間です。「日々、めまぐるしく成長していく赤ちゃんと、家族みんなの笑顔があふれるような時間をすごせるように。」
そんな想いとともに、タカラトミーならではのアイディアのつまった、安心・安全に配慮された商品が「タカラトミーベビートイ」の特徴です。

タカラトミーベビーのアドバイザー

東京大学名誉教授 汐見稔幸先生

東京大学名誉教授
汐見稔幸先生

東京大学名誉教授。白梅学園大学名誉学長。

専門は教育学、教育人間学、保育学、育児学。
育児や保育はもっとも総合的な人間学だと考え、最新の脳科学や人類学の研究の成果を育児や保育に生かすことを課題としている。
臨床育児・保育研究会代表。
最近の著書に『汐見稔幸 こども・保育・人間』(学研プラス)、『「天才」は学校で育たない』(ポプラ新書)、『人生を豊かにする学び方』(ちくまプリマー新書)ほか多数。

タカラトミーベビーシリーズが
大切にしていること

赤ちゃんの発達や成長にあった
おもちゃづくり

赤ちゃんは日々成長し、できることがどんどん増えていきます。タカラトミーは、赤ちゃんの発達や成長に合わせてへんしんして長く使えるものや、シリーズを通して遊びながら学べるものなど、月齢に合わせたおもちゃを提供します。

商品開発の段階から赤ちゃんやママ・パパへのモニターを繰り返し、より楽しく、より優しい物作りを心がけています。

例えば「えらべる回転6WAYジムにへんしんメリー」では、生まれてすぐに使えるメリーが、おすわりジム、つかまり立ちジムと、赤ちゃんの成長に合わせて変身!色々なシーンで、長く楽しんでいただけるようなアイディアがつまっています。

「はじめて英語シリーズ」では、楽しく遊びながら英語に自然に親しむことをコンセプトに、0才では英語の音楽や挨拶、1才では短い英語のセンテンスなど、遊びも英語も成長に合わせてステップアップしていけるような、商品内容とラインナップになっています。

家族の
コミュニケーション

家族のコミュニケーションは、赤ちゃんの心と体の成長に欠かせない、とても大切なものです。タカラトミーベビートイにはユニークな仕掛けやアイディアがさまざまな形で盛り込まれています。
赤ちゃんと一緒に遊びながら、楽しくおしゃべりしたり、ふれあったり・・タカラトミーベビートイを通して、もっともっと家族のコミュニケーションを育んでほしいと考えています。

例えば「おやすみホームシアター」は、おやすみ前の家族の時間を楽しいひとときにしてほしい。そんな願いがこめられた商品です。天井に投影される映像を見て親子で楽しくおしゃべりしながら、心地よい音楽で赤ちゃんは自然にうとうと・・ママもパパも楽しみながら寝かしつけができます。

赤ちゃんに安全を
ママとパパには安心を

小さくてデリケートな赤ちゃんが遊ぶおもちゃや、成長をサポートする育児グッズ。その「安全性」は、大人が使用するもの以上に細心の配慮が必要です。

タカラトミーベビートイでは、商品の企画段階から健康面・衛生面・万一の事故までを想定しながら、厳しい基準でチェックを行い、安全性を最優先させた商品づくりをしています。

  • 部品は飲み込めないサイズか
  • ヒモは首に巻きつかない長さか
  • ひっぱっても部品がとれないか
  • 針などの混入がないか
  • なめても大丈夫な素材か

赤ちゃんの誤飲防止のための徹底した検査

斜め円通(小部品シリンダー)に完全に収まってしまわないかどうかを確認し、誤飲の恐れがないかを検査します。
タカラトミーベビートイは、世界及び国内基準を上回る、厳しい安全基準で商品開発し、のみこめない大きさ、のどをつかない大きさを基準にしています。

育児の「困った」も
楽しく解決

赤ちゃんの「ぐずり泣き」や「寝かしつけ」など、ママやパパの「困った」も楽しく解決できる、ユニークなタカラトミーベビートイを提案しています。

抱っこでおでかけ中のぐずり泣きも解決

例えば「ごきげんベルトカバー」は、抱っこでおでかけ中にぐずる赤ちゃんのために、抱っこ紐用に取り付けるよだれカバーに、歯固めやパリパリのおもちゃがついています。
ママやパパの育児のサポートができるような商品づくりを心がけています。

  • 出産祝い
  • おねんね期 (0~4ヶ月)
  • おすわり期 (5~7ヶ月)
  • はいはい期 (8~10ヶ月)
  • たっち・あんよ期 (11ヶ月~)
  • プリスクール期 (1.5才~)

©Disney ©Disney/Pixar
©Disney. Based on the "Winnie the Pooh" works by A.A. Milne and E.H.Shepard.