WX07-006

白羅星 サタン<ハクラセイサタン>

LR

白羅星 サタン
Illust 紅緒

カード種類 レゾナ カードタイプ 精羅:宇宙
レベル 4
グロウコスト - コスト -
リミット - パワー 15000
限定条件 サシェ限定 ガード -
対応フォーマット
【出現条件】 【メインフェイズ】レベルの合計が7以上になるようにレゾナではない<宇宙>のシグニ3体をあなたの場からトラッシュに置く
【常】:対戦相手はシグニを2体までしか場に出すことができない。(すでに場に3体ある場合は2体になるようにシグニをトラッシュに置く)
どっせーい!~サタン~

■FAQ

「レベルの合計が7以上になるように~トラッシュに置く」とはどういうことですか?
《白羅星 サタン》を場に出す為には、レゾナではないシグニを3体トラッシュに置くことに加え、それらのトラッシュに置かれるシグニのレベルの合計が7以上である必要があります。

常時能力によって3体場にあるシグニを2体になるようにトラッシュに置く場合、トラッシュに置くシグニを選ぶのはどちらのプレイヤーですか?
対戦相手が選びます。

《不可解な誇超 コンテンポラ》や《先駆の大天使 アークゲイン》等、「シグニの効果を受けない」常時能力を持つシグニによって、《白羅星 サタン》常時能力によってシグニがトラッシュに置かれることを防ぐことはできますか?
これらのシグニが持つ「シグニの効果を受けない」能力は、シグニによる「シグニを移動させる効果」及び「シグニの状態を変化させる効果」、「パワーやテキストを変更する効果」を受けない事を表しています。これに対し《白羅星 サタン》常時能力は、対戦相手が行うシグニの配置に対して制限を付けるものであり、上3つの効果に当てはまりません。よって、《先駆の大天使 アークゲイン》や《不可解な誇超 コンテンポラ》等のシグニが持つ常時能力によって、《白羅星 サタン》の常時能力によってシグニがトラッシュに置かれることを防ぐ事は出来ません。

対戦相手の場に《アルテマ/メイデン イオナ》がいる場合、対戦相手が場に出せるシグニは1体ですか?2体ですか?
この場合、対戦相手は1体しかシグニを場に出すことが出来ません。これは、《アルテマ/メイデン イオナ》と《白羅星 サタン》が場に出された順番に関わらず、「1体までしか場に出すことができない」と「2体までしか場に出すことができない」の両方の効果が適用されているためです。

後から場に出された常時能力が優先して適用されるのではないのですか?
いいえ、《白羅星 サタン》と《アルテマ/メイデン イオナ》それぞれの常時能力は「お互いに矛盾する効果」ではく、それぞれが同時に適用されます。この場合、《アルテマ/メイデン イオナ》の常時能力が適用されている為、各プレイヤーはシグニを1体しか場に出すことが出来ません。

《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》が場にある状態で《白羅星 サタン》を出しました。この場合の処理手順を教えて下さい。
常時能力には「場にある限り常に発動し続けている常時能力」と「~したとき(たび)と記載された、条件を満たしたことによって発動条件を満たす常時能力」の2種類が存在し、前者が常に優先して適用されます。ご質問の場合、《白羅星 サタン》の常時能力は前者に該当し、《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》は後者に該当します。よって、処理手順は下記の通りとなります。
1.《白羅星 サタン》が場に出たことによって、《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》の常時能力の発動条件が満たされるが、《白羅星 サタン》の常時能力が優先して適用され、対戦相手は2体になるようにシグニをトラッシュに置く。
2.《博愛の使者 サシェ・プレンヌ》の常時能力が発動し、白×1を支払い対戦相手のシグニ1体を手札に戻すことが出来る。