ここから本文

CSRTop Message

代表取締役会長 富山幹太郎 代表取締役会長 富山幹太郎

「明日を担う子どもたちの健やかな成長を願い、みんなに愛される、独創性に富んだ、品質の良いおもちゃをつくり、より豊かな子ども文化の創造を目指す」これは創業者富山栄市郎の玩具哲学です。この志を胸に、1924年2月2日、創業者は富山玩具製作所を興しました。そして創業からこの方、私たちは本業であるおもちゃを通じて社会に貢献することを根底的信条として堅持し続けてまいりました。

私が小学生の頃、自宅に隣接する工場にはおもちゃづくりに没頭する大人たちの姿がありました。机に覆いかぶさるようにして図面をひく大きな背中、鼻の奥がつんとするようなはんだ付けの臭い、リズムを刻むように聞こえてくるヤスリがけの音、大の大人が眼を輝かせながら真面目に一生懸命に、それでいてとても楽しそうにおもちゃづくりに取り組む姿が、なにか不思議でもあり、憧れでもありました。そしてこの小さな作業場から生み出されたおもちゃは、世界中の子どもたちを笑顔にしてきたのです。その後時代が変わり、ものづくりのプロセスが変わっても、私たちが生み出すおもちゃは子どもたちに最高の笑顔をもたらせるものでなければならないという想いは、時代を超えて引き継がれてまいりました。

しかしこの先、めまぐるしく進化する技術革新、気候変動や環境問題、想像もつかない時代の変化が子どもたちを待ち受けています。次代を担う子どもたちの健やかな成長の一助となるべきおもちゃは時代の変化の前でどうあるべきなのか。そしておもちゃを生業とする私たちはどうあるべきなのか。今一度、過去をひも解き、未来に向けて結びあげていく時が来ているように思います。

日本の美しい気候風土が生み出す四季の移ろいの中で、私たちは変化への対応を生活の知恵として学んでまいりました。変化に抗うのではなく、準備して変化に寄り添う、その積み重ねの中で日々を営んできた日本人にとって、持続可能な対応はなんら特別なことではないのかもしれません。私たちは、時代の変化がもたらす多くの社会的課題に対して、臆せずしなやかに、相対峙していけるチカラをもっていると信じています。

タカラトミーグループは、自らが掲げたCSR方針のもと、これからの進むべき道筋、心構えを明確に示し、私たちの取組と揺るがぬ想いを社内外にしっかりと根付かせていきたいと考えます。世界一信頼される会社を目指して、これまでも、そしてこれからも、私たちは“おもちゃ”を通じて社会に貢献し続けてまいります。

代表取締役社長兼CEO H.メイ 代表取締役社長兼CEO H.メイ

日本では「企業は社会の公器」という考えが広く浸透しています。企業と社会のつながりを端的に表した言葉ではないでしょうか。タカラトミーグループでは事業活動を通じて社会へ貢献するために、CSR(企業の社会的責任、社会的対応力)は企業価値を上げる重要な価値創造プロセスの一つであると認識し、長期的な視点に立って取り組んでいます。

タカラトミーグループのおもちゃづくりは企画・開発から販売、マーケティングの各プロセスにおけるスタッフの共同作業によって実現されています。市場のニーズを捉えビジネスを創造し、売上を伸ばすことは企業の経済的側面としてとても重要です。一方で私たちの事業活動は社会・環境に対しても大きな影響を与えています。サプライチェーンにおいて公正公平な取引を行うとともに、相互の人格と個性を尊重するなどの社会的責任を果たし、資源の有効活用や地球環境に配慮したおもちゃ作りを行うなど、私たちの毎日の取り組みは、企業価値の向上に加えて、社会・環境への配慮に対して具体的な役割を担っています。

このように、おもちゃを通じて社会的責任・CSRを果たしていくことは、タカラトミーの存在意義を表しており、私たちに求められているものだと考えています。タカラトミーグループは、創業理念として「我らの優良な商品で世界の市場をに賑わせよう 誠意と努力は他を益し、自己の幸福の基となる」を掲げています。この創業理念に対して私たちは強い使命と誇りを持っており、社会・環境への取り組みと責任ある行動の原点としています。

未来を担う子どもたち、すべてのステークホルダーのために、タカラトミーグループは事業活動を通じた社会的責任・CSRにこれからもしっかりと着実に取り組んでまいります。

ページトップへ
ページの終わり