JAXAとタカラトミー等の共同開発によって生まれた、
超小型の変形型月面ロボット
「SORA-Q(ソラキュー)」の公式サイト

SORA-Q

What's SORA-Q SORA-Qとは What's SORA-Q SORA-Qとは

JAXA、タカラトミー、
ソニーグループ、同志社大学の
共同開発によって生まれた、
超小型の変形型月面ロボット。
玩具開発によって培われた技術によって
変形機構および超小型・超軽量を実現しました。

SORA-Qは着陸機から球体のまま放出され、
月面に着陸すると変形を開始し、
走行可能な探査機へとその姿を変えます。

SORA-Qは月面を走行し、
搭載されたカメラで着陸機や周囲を撮影します。
そして、ミッションを終えると
挙動を停止して月に残ります。

JAXAの「宇宙探査イノベーションハブ
研究提案公募(RFP)の枠組みの下、
2016年からJAXAおよびタカラトミーが
筐体の共同研究を開始し、
その後、2019年にソニーグループが、
2021年に同志社大学が加わり、
4者で共同開発を進めているものです。

TECHNOLOGY 変形型月面ロボット TECHNOLOGY 変形型月面ロボット

直径約8cm・質量約250g 玩具開発で培われた技術によって、超小型・超軽量を実現。 球体から月面探査機へ変形 直径約8cm・質量約250g 玩具開発で培われた技術によって、超小型・超軽量を実現。 球体から月面探査機へ変形 カメラを前後に搭載 自在に動く両輪 カメラを前後に搭載 自在に動く両輪
クレジット:JAXA/タカラトミー/ソニー/同志社大学
SORA-Q 名前の由来 SORA-Q 名前の由来