人生ゲーム

人生ゲームとは

初代人生ゲーム

“~人生、山あり谷あり~”のコピーで始まるテレビコマーシャルと共に「人生ゲーム」が日本で発売されたのは、1968年(昭和43年)のことでした。 日本のGNP(国民総生産)が西ドイツを抜いて世界第2位になり、3億円強奪事件が世間を騒がせていた頃、そして世紀の大イベント「日本万博博覧会」を2年後に控えてまさに「いざなぎ景気」に沸く、高度成長の絶頂期でした。

盤ゲームといえば、サイコロを振っていかに早くゴールを目指すかという、いわゆる”すごろく”式のゲームしか存在しなかった当時、”人生”というテーマ、自分を表すピンを刺した自動車型のコマ、ボード上の立体的な山や建物、ドル札を模したおもちゃの紙幣のやり取り、そしてなによりサイコロの代わりに回すルーレットは画期的なものとして受け入れられ、「人生ゲーム」は子供から大人まで夢中になる大ヒット商品となりました。

1960年に米国で生まれた「THE GAME OF LIFE」を原型に日本版としてつくられた「人生ゲーム」は発売以来、シリーズ商品を含め現在まで累計約1,500万個以上販売しています。ヒットの要因は、単に商品としての新しさだけではありません。ゲームの中で就職や結婚など人生に関わるさまざまな出来事を疑似体験し、そこに繰り広げられる波瀾万丈なもう一つの人生に一喜一憂することができるのです。

しかも勝負の行方がほとんどルーレットの目にかかっているので子供も大人も対等に勝負することができます。家族や友達が顔を突き合わせて、ゲームの中だけでも運をつかんで億万長者を夢見ることができる、またプレイする度に全く違った結果になる。これがファミリー層を中心に「人生ゲーム」が50年間親しまれてきた要因なのです。

あれから50年、石油ショック、バブル経済とその破綻、金融破綻など、激動する世相を反映させながら「人生ゲーム」もリニューアルを重ね、辛口の風刺を効かせた「人生ゲーム平成版」などの姉妹商品も登場しました。21世紀を迎えて、今改めて50年前に発売された初代の「人生ゲーム」を眺めていると、当時プレイした子供達がルーレットに託した”夢”が垣間見えるようです。

ただ過去を回顧するだけでなく、人生を通して今人々が求めている”夢”とは何か、また求められている未来の”夢”とは何かを捜していきたいと考えています。「人生ゲーム」は常にその時々の”夢”を綴った私たちの人生の玉手箱なのです。

最初に発売された
人生ゲーム

1960年に米国で発売された「The Game of LIFE」を日本語に直訳し、「人生ゲーム」という名で1968年に旧タカラより発売されたのが人生ゲームの始まりです。
それ以降、「人生ゲーム」は日本で独自の進化を続け、50年もの間、日本の家庭で愛されてきました。

初代人生ゲーム

初代人生ゲーム(1968年)

マス目が黒く、建物は白で全体的にシンプルなデザインなのが特徴。米国版をそのまま直訳しているため、日本ではなじみのないマス目が数多く存在している。

当時のテレビCM

「人生山あり谷あり~♬」のフレーズでお茶の間に一気に浸透するきっかけとなったのがこのCMです。
この時代にしては珍しいアニメを使用するなど、非常に子供から大人まで印象に残るCMでした。

歴代人生ゲームのラインナップはこちら

変わらない楽しさ

人生ゲームは「スタンダード版」と呼ばれる正統進化した人生ゲームが50年にわたり8~10年おきにリニューアルされて現在まで受け継がれてきました。
最新のスタンダード版人生ゲームは2016年4月に8年ぶりにリニューアルされて発売された「7代目」人生ゲームになります。

初代人生ゲーム 1968年発売/1,700円(発売終了)
2代目人生ゲーム 1980年発売/2,700円(発売終了)
3代目人生ゲーム 1983年発売/3,600円(発売終了)
4代目人生ゲーム 1990年発売/2,980円(発売終了)
5代目人生ゲーム 1997年発売/3,600円(発売終了)
6代目人生ゲーム 2008年発売/3,600円(発売終了)
7代目人生ゲーム

7代目人生ゲーム(2016年)

8年ぶりにリニューアルされた7代目人生ゲームは、4つの追加ステージが付属しており、組み合わせ次第で16通りの人生を楽しむことができます。
マス目や職業カードなども最新トレンドが入り刷新!
現在発売中の人生ゲームです。

人生ゲームといえば??
「ルーレット」やあのピンを乗せていく「車」のコマを思い出す方も多いのでは?
実は初代からほとんど変わらないのが人生ゲームの良さでもあるんです。
初代と最新7代目で比較してみていきましょう

ルーレット 初代からほとんど変化がありません。まさに人生ゲームの「顔」です。
コマ(車) 実は当初の角ばった「アメ車」タイプからやや丸みを帯びたデザインに微妙に変化しています。過去に2回マイナーチェンジしています。
ピン(人) こちらもほとんど見た目の形状は変わっていません。ただ7代目から小さいお子さんでもつかみやすいようにやや太くなりました。
お金 こちらはなんと初代から50年間全く変わっていません。お札に書かれている人物は、当時のアメリカで人気のあったラジオDJなどが採用されています。単位も変わらず「ドル」です。500ドル札は現在は廃止されています。
保険 初代は今とは大きく異なる大判サイズでした。2代目から現在のサイズに変更になりましたがデザインは当時とは異なります。
建物 最初の頃は建物はすべて白一色で統一されていましたが、現在は色が塗られ鮮やかな見た目になっています。
ページトップへ戻る