TAKARATOMY

さがす
English

【バトル攻略コラム】

ウィクロスアカデミー

シグニとスペルが連鎖!「CURIOSITY DIVA」の新カードに迫る!

はいこんにちは、今週も始まりました
【バトル攻略コラム】「ウィクロスアカデミー」のお時間です。
第3回目の講義を担当をさせていただきます「からばこ」と申します。

まずは自己紹介から。
WIXOSS CEREMONYの結果をまとめたサイト
「WIXOSSBOX」の運営をしています。
こちらはセレモニーで優勝、入賞したデッキが
多く掲載された便利なサイトです。
3年前に開設してから、これまで約3000個のデッキを掲載しています。
大会結果に加えて、ルリグ紹介や「ウィクロスの始め方」など、
初心者から上級者まで役立つ情報が満載です。
初めて知ったという方は、ぜひ使ってくださいね。

サイト運営のほか、文章執筆も多く行っています。
第4回世界大会予選のカバレージやウィク充レポートなど、
以前も公式サイトなどで執筆したことがあり、
他にも多くの媒体で記事を書いています。
バトルと同じくらい、ウィクロスに関するものづくりが好きなプレイヤーです。

好きなルリグはコード・ピルルク。そんなピルルクが10月にディーセレに参戦するというのは、それはそれは楽しみです。
なにせピルルクは私の人生を変えたルリグといっても過言ではございません。
約5年前。突然の転勤でひとり東京に引っ越し、「これからどうしよう」と途方に暮れていた時に出会ったのがウィクロスと、「ブルーペティション」のピルルクでした。
そこからウィクロスを始めましたが、初めて出た大会では見事全敗。「ピルルクと強くなりたい!」と奮起し、週7ペースで大会に出るようになりました。
そこで多くの友人ができ、目標が生まれ、やがてサイトを作り、記事を書くようになり……。
ウィクロスとピルルクで生まれた縁は数知れず、です。
セレモニーの優勝はまだですが。

長くなってきました。本編行きましょう、本編。
初出し情報もありますし。
第3回となるこの記事では、8月28日発売「CURIOSITY DIVA」に収録されるカード情報をお届けします。
この場が初公開となるカードの情報も!それでは早速行ってみましょう!

パワーアップを使いこなそう!煌きへ一歩 ヒラナ】

「VERTEX DIVA」から登場した「2周目センタールリグ」は、「CURIOSITY DIVA」でも引き続き登場します。
どんな能力を持っているのでしょうか?
今回はすでに公開されている2つのルリグを振り返って解説していきましょう。まずはヒラナをご紹介!

WXDi-P05-007

注目すべきは常時能力。中央のシグニゾーンのシグニのパワーを、自分のターン中プラス3000します。
《頂点へ一歩 ヒラナ》も似た能力を持っていましたが、あちらはチーム限定かつ上昇値は2000。
「+1000」の差は結構大きく、《羅石 アシレン》《幻獣 ハムスター》などのシグニの条件を手軽に満たすことができます。
他のカードが必要なこれらの条件を、ノーコストで達成できるのは大きいですね。

相性の良いカード

WXDi-P03-062

常にパワーが上がるため、中央に置くだけで除去が可能に。ダウンした後は《紅将姫 ノブナガ》をライズさせれば無駄がありません。

WXDi-P04-056

自身の能力と合わせてパワーは11000に。地獣シグニはパワーアップに関する能力を多く持つので、《幻獣神 バッファロー》を軸にしたデッキもあり?

いやがらせに全力!「みこみこ」参戦!

WXDi-P05-014

「きゅるきゅる~ん☆」がいよいよディーセレに参戦!
「きゅるきゅる~ん☆」のセンタールリグとして登場する「みこみこ」は、どれも手札破壊に特化した能力を持ちます。
いやがらせが好きなみこみこらしい……。

出現時能力は、相手が手札を1枚捨てなければ、自分が2枚ドローするというもの。
相手が手札を捨てようが捨てまいが、ゆくゆくは《羅原姫 ZrO2》などで全部捨てさせましょう。
ルリグがアタックしたときにも、手札破壊かドローができます。なるべく相手の手札を減らしておき、ドローを狙いたいですね。

このカードの目玉はゲーム1の起動能力。相手の手札を見て1枚選び、ゲームから除外します。
除外されたカードは、原則そのゲームではもう使えません。
普通の手札破壊と違ってトラッシュに置かれないため、ライフバーストやアシストルリグでの回収も許しません。
《サーバント#》を狙って除外したい!

相性の良いカード

ここでチーム「きゅるきゅる~ん☆」についてご紹介します。
「みこみこ」は青ルリグで、アシストルリグは白の「ゆかゆか」、黒の「まほまほ」です。
ドローや手札破壊に関する能力が多い青を中心に、防御が得意な白、デッキ破壊やトラッシュからの回収が得意な黒という構成です。
まだ「きゅるきゅる~ん☆」のデッキの全貌は見えてきませんが、方向性は「DIAGRAM」と「うちゅうのはじまり」を足して2で割ったイメージになるでしょうか。

WXDi-P02-042

黒ルリグの「まほまほ」がいるため、ぜひ採用したいシグニです。
《みこみこ☆さ~ん》とあわせて手札を減らしていきましょう。
ハーモニーシグニでは白ルリグ「ゆかゆか」と相性の良い《幻水神 ホタルイカ》も出番がありそうですね。

WXDi-P03-037

相手と手札の枚数差が広がりやすいため、強力な壁役としての活躍が期待できます。
《聖天姫 エクシア》《コードハート Pンライト》といった堅牢なシグニを入れて、防御力を上げてもいいかも?

WXDi-P00-001

白黒といえばこのピース! 一気に手札を3枚増やすことができます。
白シグニは上記の《幻水姫 シロナクジ》など、黒シグニには《大装 ダークエナジェ》《コードアンシエンツ ファラリス》などおなじみの面々が揃います。
《蒼黒GAIA》でもいいですね。

今後はアシストルリグの「まほまほ」「ゆかゆか」を筆頭に、「ピースにカットインできる」専用ピースなど、「きゅるきゅる~ん☆」に関する情報がどんどん発表されることでしょう。
気になる方は、青白黒のカードを集めておきましょう! 私も組みます!

うちゅうの可能性が広がる!

《DEVIL’S CARNIVAL》など、特定の種族をサポートするピースに「宇宙」が仲間入りします。

WXDi-P05-004

ゲームを通して、デッキとトラッシュにあるレベル3以下の宇宙シグニを、レベル1として扱えるようになるピース。
《羅星姫 リーブラー》《羅星姫 カシオペヤ》といったシグニをサポートします。
レベル1として扱えるのはデッキとトラッシュのみなので、レベル2以上のシグニに《羅星姫 サタン》でバニッシュ耐性を付与したり、《羅星 キャンサー》のコストに充てたりできないので注意。
それでも、レベル1に関する能力が使いやすくなりました。

相性の良いカード

宇宙シグニの多くと相性抜群なのはもちろんですが、「レベル1」といえばこのルリグ!

WXDi-P04-008

前回のウルシハさんのコラムで紹介されていた、新しいLIONの登場です。
「デッキトップがランダムなら当たりを増やそうぜ!」という強引な解決を、この《パラダイスうちゅう》が実現します。
宇宙シグニは色のバリエーションが豊富なので、アシストルリグはシグニの色に合わせて選びましょう。
白赤黒で組んで、《羅星 カリーナ》《羅星 テレスコピウム》を採用して、火力に全力!というのもおもしろそうです。

シグニとスペルが連鎖!?新ギミックに注目!

「CURIOSITY DIVA」では、これまでにないギミックを持つカードが登場します。
その一つは「シグニとスペルが連鎖する」というもの。
シグニもスペルも単体で使えますが、両方そろうとより強力になるというデザインです。

WXDi-P05-032 WXDi-P05-052

左の《大装 ゲイヴォルグ》はルリグがアタックした時、相手のシグニ1体をトラッシュに送ることができるシグニ。
そんな《大装 ゲイヴォルグ》と連鎖するのが、右のスペル《ゲット・ヴォルグ》
1つ目は《グッド・ディグ》《ミラクル・ドロー》などと似た、手札を増やす能力です。
ですが今回の連鎖ギミックは、ただの手札補充では終わりません。
センタールリグに「ルリグがアタックした時、場に《大装 ゲイヴォルグ》がある場合、相手のシグニ1体をトラッシュに置く」という能力を与えることができます。
《大装 ゲイヴォルグ》の能力と合わせれば、1度のルリグアタックで2体のシグニをトラッシュ送りに!
手札の補充に加えて除去もできる、1枚で2度おいしいスペルです。

しかもこの除去能力、《ゲット・ヴォルグ》を使ったあとに《大装 ゲイヴォルグ》を場に出しても適用されるのがポイント。
ほかに出したいシグニがいればただの手札補充スペルとして使ってもよし、相手のシグニを除去したければ《大装 ゲイヴォルグ》と連鎖させてよし!ライフバーストも強力なのも嬉しいですね!

相性の良いカード

WXDi-P03-035

1度目のルリグアタックで相手のシグニを2体除去してから、ルリグをアップさせて能力を失う、という動きが非常に強力です。

WXDi-P02-016

ドロースペル、強力なレベル3シグニといえば「Card Jockey」!
トラッシュ送りはエナを増やさないため、エナ破壊が得意なLOVITと相性が良さそう。
シグニをあえてバトルでバニッシュせず、《大装 ゲイヴォルグ》《ゲット・ヴォルグ》で2枚トラッシュに送り、相手のエナを絞る作戦はいかがでしょう。

さて、この「連鎖ギミック」を持つカード、今回はもう1組ご用意しました。
このアカデミーが初公開となります。それがこちら!

青の連鎖ギミックは「手札を捨てなきゃアタックするよ!」

WXDi-P05-037

青のSRシグニ《大罠 ハーメルン》です。トリックのシグニらしい、独特な2つの能力を持っています。
1つは、自身がアタックした時に相手が手札を2枚捨てれば、このアタックが無効になるという能力。
ダメージを受けたくなければ、強制的に手札が2枚減らされてしまいます。
「ライフクロス守る? ダメージを受ける?」と、理不尽な駆け引きを要求しましょう。
ライフクロスがない相手にとっては、確実に2枚捨てさせられます。

もう1つの能力は、アタックフェイズ開始時に正面のシグニを裏向きにするというもの。
実に正面が空くため、2枚捨てかダメージかの「駆け引き」を強いることができます。
裏になったシグニはターン終了時に表になりますが、そこにシグニがいれば、裏向きになったシグニはトラッシュへ。
《サンガ//パラレル》などのシグニを場に出す能力に強く出られます。

そんな《大罠 ハーメルン》と連鎖するスペルはこちら!

WXDi-P05-068

青1エナで2枚ドローの、非常にコスパの良いドロースペルです。
《TROUBLE》《THRILLING》などと比較しながら、デッキに合わせて採用しましょう。
ライフバーストが除去なのが嬉しいです。
連鎖ギミックは、ドローしたあと場に《大罠 ハーメルン》を出し、「このシグニのアタックはこのシグニの効果によって無効にされない」を付与するというもの。
《大罠 ハーメルン》が確実な要求につながるシグニにパワーアップ! 除去が苦手な青ルリグにとって、これは嬉しい能力ですね。

相性のいいカード

《大罠 ハーメルン》だけだと相手が手札を2枚捨てれば、ダメージを与えられずに終わります。できれば手札破壊が得意なルリグで使いましょう。

WXDi-P04-009 WXDi-P02-030

タマゴは《大罠 ハーメルン》でダメージを与えられずとも、凍結で相手の攻めを遅くすることができます。
マドカは《蒼将 ヒジカタ》《祝福の鍵の音》を使った早期の手札破壊で、レベル3グロウ直後から《大罠 ハーメルン》を火力役として使えそうです。
手札破壊は正義!

新カード情報、続々登場!

いかがでしたか?
弾を追うごとに新しいデザインのカードが生まれてきたディーセレ。
「CURIOSITY DIVA」でも連鎖ギミックを筆頭に、これまでにないカードが登場しそうな予感です。
連鎖ギミック、残る3色にも登場するのでしょうか……?

発売日の8月28日(土)までに、「CURIOSITY DIVA」の新カードがどんどん発表されていく予定です!
私もこの記事を書いている時点では、まだ何も知りません。
どんなカードが発表されるか待ち遠しいですし、「これぞ!」というカードが出たら、またどこかで記事を書くつもりです。
早く発売日にならないかなあ……。

ではまた、次回のウィクロスアカデミーでお会いしましょう。
本日はここまで。ここまでありがとうございました!

タカラトミーモール