TAKARATOMY

さがす
English
ここから本文

サステナビリティの取り組み|働き方改革

働きやすい職場

方針・考え方

子どもも大人も笑顔になる多種多様なおもちゃやわくわくするような新しい発想は、従業員一人ひとりの個性やスキル、そして多様な価値観を尊重するチームワークから生み出されます。タカラトミーグループでは、従業員の人権や労働安全衛生に配慮し、一人ひとりが自分らしさを大切にしながら最大限の能力を発揮し、成長し続けられるよう、働き方改革に取り組んでいます。また、在宅勤務など多様な働き方を取り入れることにより、自然災害やウイルス感染症などの有事の際も従業員が安全に継続して働くことができるとともに、さまざまなライフステージにある人が安心して働き続けることができるよう体制を整えています。

体制

「企業理念」にもとづいた具体的なタカラトミーグループの姿勢を示す「企業指針」では、「タカラトミーグループは、社員の自主性と創造性が最大限に発揮される職場環境を提供し、いきいきと働くことができる企業を目指します。」と定めています。
人事部門の管轄のもと、ワーク・ライフ・バランス推進、働きやすい職場環境のための制度づくりや取り組みを行い、都度社内掲示板での周知徹底や制度説明会の実施を行っています。また、「働き方改革」「女性活躍推進」などのテーマごとに検討会を発足し、社内改善活動に取り組んでいます。

また、タカラトミー労働組合においては、労働環境・労働条件の維持改善がタカラトミーの発展につながるという“労使協調路線”の考えの下、社員の声を会社に届けており、毎月の組合新聞、定期大会(年1回、業務時間内2時間)・臨時大会の開催などで組合員間の情報を共有しています。タカラトミー労働組合はUAゼンセンに加盟しています。各グループ会社においても公正な方法で選出された「従業員(労働者)代表」と、対話を通じて相互の理解と信頼に基づく、健全で良好な関係を目指した労使協定を締結しています。

取り組み

ワーク・ライフ・バランス

タカラトミーグループでは、ワーク・ライフ・バランスを経営戦略と位置づけ、個人および組織が最大限の付加価値を生み出すために、さまざまなライフステージにある人が安心して働き続けることができる職場環境を整備しています。

制度

育児・介護と仕事の両立を支援するため、時間制約のある従業員が活用できる「時短勤務制度」のほか、2014年からは「在宅勤務制度」を導入し在宅で勤務できる仕組みを整えました。加えて、新型コロナウイルスなどウイルス感染症から従業員を守り、それぞれが安心して働き続けることができるよう、在宅勤務の推進を進めています。
育児・介護の制度利用について、希望する社員に対しては個別の説明会等を実施しています。さらに、育児休暇前および復職前には、従業員本人と部門の上長、人事担当者による面談を行うなどフォローアップを行っているほか、育児経験者を含む社内カウンセラーによる相談体制を充実させています。これらの取り組みの結果、タカラトミーの育児休業取得率および復帰率は女性が100%(2019年度)でした。
また、有給休暇取得の推進にも取り組んでいます。年間休日125日に加え、勤続年数に応じて10-20日間の有給休暇を付与し、従業員が計画的に有休取得できるように、リフレッシュ休暇および誕生日や結婚記念日などのアニバーサリー休暇制度を設け、人事部門の管轄のもと、各部門に取得計画・取得状況を把握しながら推進をしています。

長時間労働削減に向けた取り組み

タカラトミーグループでは残業時間削減のために、管理職を対象とした労務セミナーを実施しています。勤怠システムでは、月当たりの残業時間が25時間超過、30時間超過の従業員と所属長に対してアラートメールを発信し、長時間労働の抑止を行っています。また、部門や個人ごとの残業時間はモニタリングされ、著しく残業時間が多い場合はグループ各社の常務会/経営会議にて経過が報告され、改善のための取り組みが推進されるような体制を整えています。
また、2019年度は、国内全グループに導入されている「コンプライアンスリーダー制度」で任命されたコンプライアンス推進リーダーが、「働き方改革」に関わるコンプライアンス等をテーマに年間活動計画を策定し、長時間労働削減に向けた取り組みや有給休暇取得の促進など、各々の職場で推進活動が行われました。さらに、活動結果は「コンプライアンスの日」で国内全従業員に共有されました。

風土づくり ーファミリーデーの実施ー

ワーク・ライフ・バランスに関わる制度や、利用推進の取り組みに加え、それらを利用しやすい風土づくりを行っています。定期的に実施しているファミリーデーでは従業員の子どもと家族を会社に招待し、職場見学や仕事見学を行っています。家族にタカラトミーグループの仕事、従業員の日常を体験してもらうことで、職場に対する理解を深め、また、従業員同士が互いの家庭状況を理解することで働きやすく、家族を大切にする職場の雰囲気づくりを目指しています。
2019年度は子ども167名、大人113名、合計280名(同伴の社員含む)が参加しました。

ダイバーシティ・女性活躍推進

タカラトミーグループでは多様な人財による多様な視点を事業に取り入れることにより、企業の発展や活性化につなげていけると考え、国籍、人種、宗教、障害の有無、性別、年齢などに関わらず能力と個性を尊重しながら総合的に判断して、人財の採用を行っています。
また、こうした多様な人財が活躍できる職場づくりの一環として、2019年度から、女性活躍推進を強化しています。

目標(期間:2016年4月1日~2021年3月31日)

  1. ① 管理職に占める女性比率を現像の倍増である15%以上にする
  2. ② 女性職員の育児休業取得率および復職率は維持するとともに、男性職員については育児休業制度の内容を再通知する

タカラトミーでは、2019年度末の取締役会の女性比率は27%、女性管理職比率は9.0%でした。2021年度末の目標15%には及ばないものの、2016年度末の7.4%より1.6ポイント改善し、2019年度12月にはMSCI日本株女性活躍指数(WIN)の選定銘柄に初めて選定されました。
今後も、人事部門および女性管理職メンバー等から成る社内プロジェクトを中心に、女性活躍推進を進めていきます。

RELATED LINKS

両立支援のひろば(厚生労働省委託事業 女性の活躍・両立支援総合サイト)

労働安全衛生

従業員の健康のために

タカラトミーグループでは、従業員が心身ともに健康で安全に働ける環境条件を整備しています。全従業員を対象とした健康保険、労災、通勤手当などの福利厚生を充実するとともに、従業員の健康維持のためグループ横断でのヘルスケア体制を構築し、産業医を交えた安全衛生委員会の設置や、健康診断の100%受診の周知、インフルエンザ予防接種の実施、過重労働の防止、社内カウンセリングや保険組合によるイベントの案内に取り組んでいます。
メンタルヘルス対策としては、社内・社外にこころの相談窓口を設けており、2019年度からは新たに心療内科・精神科を専門とする産業医を設置するなどいつでも相談できる体制を整えています。加えて、オンラインシステムを通じて全従業員に心身の状態に関するストレスチェックを行い、結果を元にアドバイスシートを配布しました。

■国内グループの福利厚生

項目 対象
健康保険 全従業員
通勤手当
ストレスチェック
ヘルスケア診断や健康診断
共済会
商品等の社員割引
通信教育補助制度
財形貯蓄制度 タカラトミー、
タカラトミーアーツ
従業員持株会 正社員、契約社員

生産拠点における安全衛生の取り組み

玩具等の製造を行っているトミータイでは、安全リーダーを中心とした従業員の日々の活動を通じ、工場内の安全を確保するとともに、作業環境改善活動を行っています。2019年度は、「安全リーダー」や安全推進を担うメンバーが、安全衛生に関する取り組みを推進しました。このほのか、トミー香港やトミーシンセン、トミーベトナムでも安全リーダーを中心とした取り組みが実施されています。

※各グループ会社・部署から一名ずつ任命される。一年の任期期間中、安全なおもちゃづくりを推進する役割を担う。
工場内の安全確認パトロール
工場内の安全確認パトロール