ここから本文

サステナビリティの取り組み|コーポレート・ガバナンス

社会課題への対応

コーポレート・ガバナンス

社会課題の認識

コーポレート・ガバナンスコードの施行や社外取締役の一般化、ESG投資の拡大などを背景に、企業には、コーポレート・ガバナンスの透明性・信頼性を向上するために取締役会の実効性を高めるための取り組みや質の高い情報開示が求められています。
取締役会においては、ジェンダーや世代、国際性などから生まれる多様な視点を事業の意思決定プロセスに反映し、社会環境の変化に迅速に対応できる体制やリスク管理体制の整備が求められています。

対応するタカラトミーのCSR重要課題とSDGs

タカラトミー
CSR重要課題
SDGs目標
事業を通じた貢献 間接的な貢献
4. 組織統治とステークホルダー
との対話
12 つくる責任つかう責任16 平和と公正をすべての人に17 パートナーシップで目標を達成しよう 5 ジェンダー平等を実現しよう10 人や国の不平等をなくそう

CSRのあるべき姿へのアプローチ

タカラトミーグループは、創業理念に「我らの優良な商品で世界の市場をにぎわせよう」「誠意と努力は他を益し自己の幸福の基となる」を掲げており、全ての事業活動はこの創業理念に沿って行なっています。透明性の高い健全な経営を実現し、ステークホルダーからの信頼に応えるため、コーポレート・ガバナンス体制の強化やCSR(ESG)情報の開示拡充、ステークホルダーとの対話など様々な取り組みの推進をしています。

取り組み内容